オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

広陵町で屋根の棟板金交換工事を施工させて頂いております。


現在、広陵町で屋根の棟板金(むねばんきん)交換工事を施工させて頂いております。

既存の棟板金は風災被害により飛んでおり、下地材である角材も共に被害を受けておりました。

調査をしたところ角材の腐食により釘がきかなくなり、被害にあったのが明確になりましたので棟板金と角材の交換工事をさせて頂く事になりました。

工事の様子をご紹介させて頂きますので、ご覧下さい。

作業の様子

初日の足場工事
まず初日の工事は足場架け払い工事です。

職人さんが作業する為に鉄の単管で足場を組みます。

足場作業は単純に見えますが、足場専用の職人が倒壊しないように計算して組まれています。

とても重要で危険な工事です。

DIYをされる一般人の方は足場に限っては必ず専用の職人に組んでもらいましょう。
既存棟板金撤去
2日目の工事です。

既存棟板金をまず撤去させて頂きます。

腐食した抜き板(ぬきいた)と呼ばれる角材が出てきますので、抜き板も撤去して行きます。



抜き板新設
新たな抜き板を新設して行きます。

抜き板は木製ですので、湿気や微量の雨漏りで腐りやすいので、防腐剤を塗ってある角材を使用しましょう。

関節部分
棟の入り組んだ関節部分の様子です。

屋根の雨漏りの大半は棟の入り組んだ箇所から引き起こします。

知識と技術を持った職人さんが施工する事で、雨漏りの可能性を軽減します。
防水紙貼り付け
防水紙(ぼうすいし)と呼ばれるシートを抜き板に被せます。

これで再び抜き板が腐食して釘が抜ける可能性を大幅に軽減します。

ウォーターガードという製品を使用しておりますが、20年は完全に雨水を遮断してくれますので、お客様に安心して頂けます。

棟板金新設
新たな棟板金を新設して行きます。

棟板金は抜き板にビスを打ち込んで固定して行きます。

ステンレス製の錆びないビスを使用していますので、従来の釘と違って折れる心配はありません。

備考

以上で2日目までの工事が終了しました。

次回は仕上げの作業とサービスで雨樋の清掃を行います。


前回の記事はこちら
次回の記事はこちら

同じ工事を行った施工事例

施工事例

強風で損傷した棟板金(むねばんきん)を交換しました

既存の棟板金
棟板金新設
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム製 棟板金
築年数
25年程度
建坪
9m
保証
工事費用
8万円
施工事例

広陵町で棟板金が破損した住宅で棟板金交換工事を施工しました。

既存の棟板金
新品の棟板金
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築30年
建坪
70坪
保証
7年保証
工事費用
35万円

同じ地域の施工事例

施工事例

広陵町で棟板金が破損した住宅で棟板金交換工事を施工しました。

既存の棟板金
新品の棟板金
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築30年
建坪
70坪
保証
7年保証
工事費用
35万円
施工事例

広陵町で玄関の部分補修工事を施工しました。

施工前
施工後
工事内容
部分塗装
使用素材
ソフトリシン
築年数
35年
建坪
10平米
保証
5年
工事費用
5万円
施工事例

広陵町で築28年の住宅 モニエル瓦の屋根の塗装工事

既存の屋根状態
完成写真
工事内容
屋根塗装
使用素材
ナノシリコン
築年数
28年
建坪
約50坪
保証
1年保証
工事費用
60万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の異変のきっかけ

近日、強風が多く屋根の損傷を受けてお困りの方が多いと思います。風で屋根の板金が飛んだ。弊社では、こういったお問合せを良く頂きます。屋根修理といえば、「費用が高い」「足場が必要」「放置すれば、雨漏りする」「信頼できる知り合いの屋根やがいない」...........

飛んだ棟板金

葛城市で風で飛んだ屋根の板金を交換しました。現場は片流れ屋根という形状の屋根で高さがある物件ですので、風の被害を受けやすい形になっている住宅です。風災被害での損傷ですので、お客様は火災保険を使っての工事を決断なされました。工事の内容をご紹介...........

既存の棟板金

東大阪市で屋根の板金が飛んだ住宅で棟板金(むねばんきん)交換をさせて頂きました。既存の棟板金を撤去して下地木材を撤去した後、下地木材の新設を行い、ガルバリウム製の棟板金を固定しました。作業の様子をご紹介させて頂きますので、ご覧下さい。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560