オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

広陵町で棟板金が破損した住宅で棟板金交換工事を施工しました。


工事のきっかけ

風災被害で棟板金を破損した為

広陵町 棟板金交換

ビフォーアフター

before
既存の棟板金
horizontal
after
新品の棟板金

工事基本情報

施工内容
棟板金交換
施工期間
7日
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工内容その他
築年数
築30年
保証年数
7年保証
工事費用
35万円
建坪
70坪
ハウスメーカー
広陵町で屋根の棟板金(むねばんきん)が破損した住宅で棟板金交換工事を施工させて頂きました。

既存の棟板金は固定する為の角材、抜き板が腐食して釘が抜けておりました。

釘がぬけた状態で度重なる突風を受けて棟板金が吹き飛んだのが、今回の工事のきっかけになりました。

工事の様子をご紹介させて頂きますので、ご覧下さい。

現場調査

棟板金破損箇所
被害箇所の様子です。

棟板金の中には抜き板と呼ばれる角材があります。

棟板金は抜き板に釘で打ち付け固定していますので、抜き板が腐食すると釘が抜けます。

釘が抜けると棟板金は固定力がなくなってしまいます。
飛んだ棟板金
飛んだ棟板金の様子です。

抜き板も一緒に飛ばされておりました。

棟板金が破損した箇所は屋根の内部に雨水の侵入を許してしまいます。

雨水の侵入が進行するとやがて天井板まで到達して、天井が落ちる原因になります。

また住宅の骨組み部分を腐らせて行きますので、直ちに処置が必要になります。

工事の様子

足場組立
まずは職人さんが作業する為の足場を組みます。

倒壊しない頑丈な作りと職人が安全に作業を進めれる足場を組む必要があります。

責任重大な工事ですので、技量と責任感のある職人が指揮をとって作業を行います。
既存棟板金撤去
次に既存棟板金と腐食した抜き板を撤去させて頂きます。

抜き板
新たな防腐剤を塗ってある抜き板を施工して行きます。

従来は釘で止めていた抜き板を近年はステンレスのビスで固定して行きます。

ステンレスのビスで施工する事によって固定力と防錆力の向上が実現します。

抜き板施工
角材の寸法を測り、職人が加工して行きます。
ウォーターガード
次にウォーターガードという白いシートを貼り付けて行きます。

ウォーターガードは防水紙と呼ばれるもので屋根の下地材に使用されている防水性の非常に高いシートです。

ウォーターガードの上から新たな棟板金をビスで抜き板に打ち付けて固定して行きます。

関節部分
屋根で雨漏りを最も引き起こしやすい棟の関節部分になります。

職人の技量によっては施工してすぐに雨漏りを引き起こす可能性すらある重要な部分です。

板金を折り曲げて重ねる事によって雨漏りのリスクを大幅に軽減します。

腐食した抜き板
4つの面の関節部分です。

こちらも先程の関節部分と同様の施工をします。
新設した棟板金
施工している職人さんは板金加工の大会で日本で上位をとっている実力者です。

複雑な加工でも難なく加工する技術は見ていて気持ちいい程素晴らしいです。

雨樋の清掃
横雨樋の清掃です。

足場を組んで工事をなさったお客様にはサービスで普段掃除の出来ない雨樋の清掃をさせて頂いております。

足場解体後の清掃
足場解体を行った後、足場職人は隅々まで掃除を行います。

立つ鳥跡を濁さずということわざがあるように、工事で出た廃材やゴミがないように掃除する事をスタッフ一同心掛けております。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

強風で損傷した棟板金(むねばんきん)を交換しました

既存の棟板金
棟板金新設
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム製 棟板金
築年数
25年程度
建坪
9m
保証
工事費用
8万円

同じ地域の施工事例

施工事例

広陵町で玄関の部分補修工事を施工しました。

施工前
施工後
工事内容
部分塗装
使用素材
ソフトリシン
築年数
35年
建坪
10平米
保証
5年
工事費用
5万円
施工事例

広陵町で築28年の住宅 モニエル瓦の屋根の塗装工事

既存の屋根状態
完成写真
工事内容
屋根塗装
使用素材
ナノシリコン
築年数
28年
建坪
約50坪
保証
1年保証
工事費用
60万円
施工事例

広陵町で劣化した玄関扉 ケレンをしてからさび止め塗装

既存の玄関扉
ウレタン仕上げ
工事内容
部分塗装
使用素材
2液性ファインウレタン
築年数
43年
建坪
1坪
保証
5年保証
工事費用
6万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の異変のきっかけ

近日、強風が多く屋根の損傷を受けてお困りの方が多いと思います。風で屋根の板金が飛んだ。弊社では、こういったお問合せを良く頂きます。屋根修理といえば、「費用が高い」「足場が必要」「放置すれば、雨漏りする」「信頼できる知り合いの屋根やがいない」...........

飛んだ棟板金

葛城市で風で飛んだ屋根の板金を交換しました。現場は片流れ屋根という形状の屋根で高さがある物件ですので、風の被害を受けやすい形になっている住宅です。風災被害での損傷ですので、お客様は火災保険を使っての工事を決断なされました。工事の内容をご紹介...........

既存の棟板金

東大阪市で屋根の板金が飛んだ住宅で棟板金(むねばんきん)交換をさせて頂きました。既存の棟板金を撤去して下地木材を撤去した後、下地木材の新設を行い、ガルバリウム製の棟板金を固定しました。作業の様子をご紹介させて頂きますので、ご覧下さい。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560