オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

生駒郡安堵町で屋根のカバー工事を施工させて頂きました。


生駒郡安堵町で屋根のカバー工事を施工させて頂きました。

既存の屋根はセメント瓦の屋根で瓦の割れなど劣化を気になされたお客様は屋根のカバー工事の施工をご決断なされました。

作業の様子をご紹介させて頂きますので、ご覧下さい。
既存の屋根
既存の屋根の状態です。

屋根材はセメントで出来ているカラーベストという瓦で、劣化が進んでおり、汚れた状態でした。

瓦の表面にあるコーティングはすでに剥がれており、劣化スピードを早めております。
瓦の割れ
劣化した屋根材は雨風によって密度が薄くなり、やがて写真のような割れに繋がります。

瓦の割れは雨漏りの原因になり、建物の骨組みにダメージを与えますので、直ちに対処が必要になります。
棟板金撤去
屋根のカバー工事の最初の工程は既存の棟板金(むねばんきん)の撤去になります。

釘を下地木材に止めて固定している棟板金を撤去して行きます。
抜き板撤去
同様に長い釘を打ち付けて固定している下地木材を撤去して行きます。
片面粘着ルーフィング
次いで片面粘着ルーフィングというシートを貼り付けて行きます。

防水性能が高いこのシートはアスファルトとゴムが原材料で下葺材(したぶきざい)とも呼ばれております。

瓦の中に雨水や湿気が侵入しても下葺材が破れていない限り雨漏りを起こす事はありません。

一般的に20年から25年程の耐用年数と言われておりますが、材料によっては30年から40年ほど持つものもあります。
片面粘着ルーフィング施工
下葺材も上葺材も屋根の作業は下から上に頂上に向かって被せるように施工して行きます。

順序が逆になると雨漏りの原因になりますので、DIYなどで屋根施工を考えられている方は注意して下さい。
以上が今回の記事の内容になります。

次回は下葺材の仕上げと谷板金(たにばんきん)の施工などをご紹介させて頂きます。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

橿原市にてカバー工法による屋根工事

屋根カバー工事 施工前
屋根カバー工事 施工後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
32年
建坪
27.5坪
保証
7年
工事費用
155万円
施工事例

奈良で雨漏りした屋根のリフォームを行いました

屋根外観
金属立平葺き
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
JFE鋼板 極
築年数
築41年
建坪
80㎡
保証
7年
工事費用
120万円
施工事例

磯城郡三宅町で雨漏りした住宅の玄関庇の補修工事を行いました。

施工前 玄関庇
仕上がった玄関庇
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
JFE鋼板 極
築年数
30年
建坪
10㎡
保証
7年保証
工事費用
20万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_7115

私どもは屋根のリフォームの際、大きく分けると以下の3種類をご提案させていただいております。・再塗装・葺き替え・カバー工法ご紹介する施主様宅では、台風により棟板金が一部飛んでいってしまった状態でしたので葺き替えをご提案させていただいたのですが...........

ガルバリウム鋼板

奈良で雨漏りしたスレート屋根を火災保険を適応させて、屋根カバー工事を施工しております。屋根カバー工事とは、既存の屋根の上にさらに屋根を乗せる工事です。軽量の金属屋根材を乗せる事による屋根を2層にして、雨漏りを止めます。前回に下葺き(したぶき...........

防水紙荷上げ

奈良で屋根カバー工事を施工しております。既存の屋根はスレートのカラーベストで、雨漏りに悩まれて屋根カバー工事をご決断なされました。火災保険の申請も行い、少し保険金が出ましたので、思い切って屋根カバー工事を行いました。作業の様子をご紹介させて...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560