オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

奈良市でボンタイルの押さえ仕上げ、フッ素塗装を施工しました



今回はボンタイル(吹き付けタイル)押さえ柄のフッ素塗装の作業工程をご紹介させていただきます。

それでは見ていきましょう。




母屋の外壁ボンタイルの押さえ仕上げ工事をご紹介いたします。


ボンタイルとは…外壁塗装の模様のひとつです。
吹き付けタイル玉吹きとも呼ばれ、ボコボコとした凹凸があり、ツルツルとした手触りがあるのが特徴です。
是非仕上がり画像も参照してください。どこかで見たことあるんではないでしょうか



今回は押さえ仕上げのブロック塀を塗装させて頂きます。
吹き付けタイルを用いた外壁塗装の仕上げ方として最も人気があるのが、この押さえ仕上げです。

中粒仕上げと同じように紙粘土状のタイル材を外壁に吹き付けた後、
タイル材が完全に乾いてしまう前にコテやローラーなどの工具でタイル材を押さえます。

 そうすると玉状になっていたタイル材が潰れ、不規則な模様が生まれます。

 外壁の仕上げとして吹き付けタイルを用いる場合、ほとんどの施工がこの押さえ仕上げによっておこなわれます。




 

あるお方に聞いたお話なのですが・・・
ボンタイル」と言えば、今ではどこの塗装屋さんでも知っていますが、
まだ、新商品として、出まわったばかりの頃の話です。

工務店の社長さんが、どこから聞いてきたのか、施工を「ボンタイル」で・・・と言われました。
ボンタイル」の事など知らない塗装屋の社長さんはさっそく情報の収集を始めましたが、付近に見本になる現場は見当たらなくて、塗料屋さんから取り寄せた見本帳が唯一の情報源でした。

工程を頭に叩き込み、材料を手配して・・さぁ仕事となりました・・。

工程通りの手順で、順調に作業は進み、模様付けをした所でちょうど3時となりました。
乾燥時間を考えて休憩する事となりましたが、大工さん達との会話がはずみ、気がついてみると予定の時間をオーバーしてしまい、あわてて表面の押さえ作業に取り掛かりました。

がっ・・・ほとんどの部分は乾燥していてカットが出来ず、力を入れて押さえたり押さえるのを忘れたり・・で、ムラだらけのイビツな壁となってしまいました

現場に現れた工務店の社長さんが「こんな仕上げ方なの?」と聞いた時、ペンキ屋の社長さんは「これが東京の流行
と言ってのけたそぅな・・それ聞いた工務店の社長さんも「ふぅーん・・そぅねっ・・」と言って納得されたとの事。
失敗の原因をしっていたのは、塗装屋の社長さんと職人さん達だけで・・その後、その現場の前を通るたびに当時の
武勇伝に花がさいたそぅです・・。

その方達のおかげで綺麗な模様の「ボンタイル」が出来たのかもしれませんね








IMG_6476-columns2

換気扇を取り外した後になりますが、外壁の柄がなくなります。

ですので、柄をつける為にボンタイルを吹き付けます

IMG_6477-columns2


カットローラーの登場です

タイルの柄をつぶす為のローラーです。

私どもの腕が試されますねぇ

仕上がりは後ほど…

この後上塗り塗装作業をしていきます。





IMG_6469-columns2


まずは下塗りからです。
今回も材料は『マイルドシーラーEPO』です。

丁寧に塗っていきます


IMG_6470-columns2


これは、部分的に中塗りしています。。

ボンタイル部分は他の部分より、材料を良く吸い込むので、工程が少し多くなります。

材料は『クリーンマイルドフッ素』です。




IMG_6488-columns2


では、全体に同じ作業をやっていきましょう
IMG_6479-1-columns2


もちろん、安全に丁寧に塗っていきます
IMG_6505-columns2

出来上がりましたよー

先程の換気性後はいかがでしょうか?

多少の違和感は残りますが、お化粧出来ております
IMG_6507-columns2


近くで見るとこんな感じです
IMG_6484-columns2


全体も見ていきましょう
IMG_6487-columns2


いかがでしょうか

今回はボンタイルの押さえ仕上げ補修塗装作業をご紹介させていただきました。


次回は塀の塗装を行って行きますので、記事が完成しましたら、下記にリンクを貼らせて頂きます。


最後までお読みいただきありがとうございました
























同じ工事を行った施工事例

施工事例

橿原市にて外壁を低汚染性シリコン塗料で塗装

外壁
セラミクリーン
工事内容
外壁塗装
その他塗装
使用素材
セラミクリーン
築年数
45年
建坪
80坪
保証
工事費用
82万円
施工事例

奈良市にて外壁塗装と屋根のリフォーム工事

平板瓦
スーパーガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
外壁塗装
部分塗装
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
50坪程度
保証
屋根7年保証・外壁5年保証
工事費用
470万円
施工事例

奈良市にてモルタル外壁の塗装を施工いたしました

T様邸 施工前
T様邸 完工写真
工事内容
雨樋交換
外壁塗装
使用素材
SK セラミクリーン
築年数
築31年
建坪
30坪程度
保証
7年保証
工事費用
45万円

同じ地域の施工事例

施工事例

奈良市にてハイツのカバー工法による外壁工事

外壁サイディング
ガルバリウム鋼板
工事内容
防水工事
アパート・ビルなどの外装リフォーム
その他の工事
使用素材
ガルバニウム鋼板
築年数
建坪
200坪
保証
5年間
工事費用
420万円
施工事例

奈良市にて雨樋交換工事をいたしました

雨樋
アイアン丸
工事内容
雨樋交換
使用素材
アイアン丸
築年数
30年
建坪
30坪
保証
5年間
工事費用
16万円
施工事例

奈良市にて外壁塗装と屋根のリフォーム工事

平板瓦
スーパーガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
外壁塗装
部分塗装
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
50坪程度
保証
屋根7年保証・外壁5年保証
工事費用
470万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

外壁剥がれ

奈良県葛城市にてボンタイル壁の膨れ修繕工事と外壁塗装を致しました。外壁の膨れや剝がれの原因は様々で、中でも施工業者の不良工事によるものが多くあります。今回は経年劣化によるものでしたがこのまま放っておくと、どんどん膨れは広がり塗膜が剥がれやす...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560