オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

藤井寺市で雨樋補修と波板補修工事を施工させて頂きました。


工事のきっかけ

雨樋が破損していたので、補修して欲しい。

雨樋交換,その他の工事

ビフォーアフター

before
雨樋破損
horizontal
after
雨樋塗装

工事基本情報

施工内容
雨樋交換,その他の工事
施工期間
1日
使用材料
ポリカ製フック ファインウレタン
施工内容その他
築年数
約30年
保証年数
なし
工事費用
4.5万円
建坪
部分補修
ハウスメーカー
藤井寺市で雨樋補修と波板補修工事を施工させて頂きました。

既存の雨樋は台風で壊れており、波板は固定具の劣化で固定力を失っておりました。

雨樋を接着して塗装する事により補修し、波板は固定具を交換する事によって補修させて頂きました。

施工の様子をご紹介させて頂きますので、ご覧下さい。
雨樋破損
既存の雨樋の様子です。

雨樋は強風によって間接部分から破損しておりました。
分解された雨樋
雨樋は専用の接着剤で間接部分を固定しております。

破損した部位が綺麗に残っておりますので、そのまま接着して塗装する事による安価でスピーディな補修をする事をお客様はご決断なされました。
雨樋接着
まずは雨樋の間接部分を専用の材料で接着します。
雨樋塗装
次いで、以前にご自身で補修されている部位で色が違う為、色を合わせる為に塗装を行います。
雨樋塗装
雨樋の補修が完成です。

これでしばらくは安心して頂けますが、関節部分の劣化がある為、他の部分も近年中に故障する可能性が高いです。

近年中に全面雨樋の交換する計画を立てる事を勧めさせて頂きました。
波板固定具劣化
既存の波板の状態です。

一定間隔で無数にある白いものが固定具になります。

一昔前のものでプラスチック製のフック状の固定具ですが、劣化すると折れてしまい、固定力を失ってしまいます。
固定具の破壊
フックが折れて固定力を失った波板は次第に強風で飛ばされてしまいます。

風で飛ばされる前に固定具の新設をご決断なされました。
固定フック加工
まずは固定フックの爪部分を加工します。
フック加工
固定フックは波板の骨組み部分に引っかける事によって固定力を発揮します。

適正な爪の長さに切って加工します。
加工後フック
この加工を全ての固定具に行います。
既存フック撤去
既存の波板固定具を全て撤去します。

撤去したら穴が開いておりますので、その穴に新たな固定具を効かします。
固定具新設
骨組み部分には固定フックを引っかける爪のような箇所があり、フックを引っかけて固定します。
ポリカ製フック
今回使用したのはポリカ製といってプラスチック製よりも長持ちする素材の固定具を使用しました。

より長く安心して暮らして頂けると思います。
以上が雨樋補修と波板補修の作業のご紹介になります。

症状や予算、使用材料など状況や環境に合わせて様々なパターンの施工方法が存在します。

補修工事はその中でそれぞれのお客様の希望にあった提案をさせて頂いております。

安価で簡易的な補修がしたい。予算があるので長持ちさせたいなどご希望に沿った形で工事させて頂き、安心して頂けるようにこれからも努めさせて頂きます。

【工事完了後】

ポリカ製フック

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大和高田市で雨樋(あまどい)と波板交換をさせて頂きました。

テラス屋根
完工写真
工事内容
雨樋交換
その他の工事
使用素材
ポリカ波板   アイアン丸
築年数
35年
建坪
保証
工事費用
98000円
施工事例

御所市で台風で損傷した屋根を葺き替え工事で解決しました。

IMG_4269-1
施工後 板金屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
極 −MAX−
築年数
50年以上
建坪
60平米
保証
7年保証
工事費用
105万円
施工事例

生駒市で急勾配屋根のカバー工事を施工させて頂きました。

施工前写真
施工後写真
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
部分塗装
使用素材
JFE鋼板 極-MAX
築年数
30年
建坪
70坪
保証
7年保証
工事費用
230万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

トユ固定具

奈良でトユ補修と雨戸塗装を行っております。トユは屋根カバー工事をした事で、機能しなくなったので、追加で交換を希望なされました。雨戸は劣化して色あせていたので、塗装を希望されておりました。屋根工事の際に足場を組んだので、その足場を利用しての工...........

破損した雨樋

大和高田市で破損した雨樋の補修を行いました。軒どいと集水器が破損しておりましたので、破損箇所のみを交換させて頂きました。作業の様子をご紹介させて頂きます。

トユ破損

香芝市で雨樋(あまどい)の一部補修を行いました。下屋の上の雨樋ですが、強風などで破損する事が多い箇所になります。業者へ依頼すれば、お金がかかるので自分で直したいと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?そんな方へ補修方法が分かるよう...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560