オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

富田林市でコロニアルクァッドを使用した屋根葺き替えを施工中


富田林市で屋根の葺き替え工事を行っております。

差し掛け屋根の住宅で瓦と屋根下地を損傷して、お困りのお客様より屋根葺き替えのご依頼を頂きました。

施工前の屋根材はスレート瓦の屋根で同じくスレートのコロニアルクァッドという瓦で施工して行きます。

前回に防水紙まで施工しておりますので、今回は瓦を固定する作業を行います。


コロニアルクァッドを施工します。

スターター
始めに軒先から施工を行います。

スターターという軒先専用の瓦を最初に固定して行きます。

瓦に釘穴が開いておりますので、そこに専用の釘を打ち込んで固定して行きます。
コロニアルクァッド
下から順に被せるように瓦を葺いて行きます。

今回はコロニアルクァッドのメロウオレンジというカラーで施工しております。

今回のお客様は屋根の色について悩んでおられました。

派手なカラーで外壁など他の部分と分離しない色が希望との事でメロウオレンジに決定なされました。
捨て谷を被せて瓦葺き
前回に仕込んだ「捨て谷」の上を被せるように瓦を施工します。

捨て谷は屋根が仕上がれば、中に隠れますので、見ることが出来ません。

しかし、とても重要な役割をもつ部材ですので、差し掛け屋根の壁際では必須の部材になります。
シングルカッター
コロニアルは度々、カットを行う必要がある屋根材です。

寸法を決めて、シングルカッターという専用の機械で瓦を切断して加工します。
コロニアル新設
面と面の取り合い部分は「棟板金(むねばんきん)」と呼ばれる専用の部材で仕上げます。

にあたる部分はコロニアルの加工が必要になる部分です。
カラーベスト施工
形や仕上がりがイメージ出来る段階まで、作業が進んで行きました。

メロウオレンジに染まっていく屋根をお客様と確認しながら、作業を進めて行きます。
今回の作業は終了です。

いよいよ仕上がりが見えてきて、イメージが現実と近づいてきた事によって、お客様も安心して喜んでおられました。


次回は壁際と棟の仕上げの作業になりますので、次回もご覧頂ければと思います。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

桜井市で瓦屋根からガルバリウムへ葺き替え工事を行いました。

屋根リフォーム施工前
仕上がった板金屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板 ポリカボネート
築年数
建坪
70㎡
保証
7年保証
工事費用
110万円
施工事例

奈良市で雨漏りした瓦屋根をコロニアルグラッサへ葺き替えました

施工前の瓦屋根
コロニアル完工
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
コロニアルグラッサ
築年数
32年
建坪
24坪
保証
7年保証
工事費用
130万円
施工事例

大和高田市で雨漏りした住宅、屋根をROOGAへ葺き替え

急勾配の屋根
ROOGA雅 急勾配
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ROOGA雅
築年数
25年程度
建坪
46坪
保証
7年保証
工事費用
190万円
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560