オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

田原本町でニチハのパミールで施工された屋根の調査をしました


田原本町でニチハのパミールという製品で作られた屋根の調査のご依頼を頂きました。

お客様は屋根と破風板の劣化を気になされており、屋根塗装と破風板塗装を希望なされておりました。

スレート瓦の屋根でしたが、ニチハのパミールという塗装不可の製品で施工されておりました

塗装をお考えのお客様と、塗装不可能な屋根瓦、それらを調査した上で解決方法を提示させて頂きましたので、ご紹介させて頂きます。
破風板の劣化
まずは破風板の劣化です。

見た目ですぐ分かる劣化ですので、お客様は悩まれておりました。

築20年ほどで雨風、紫外線に当たり続けている事で、塗料が剥がれております。

足場を組んで専用の塗装をする事ですぐに解決する事が出来る事をお話させて頂きました。
カラーベスト劣化
屋根の状態を見て行きます。

屋根瓦が劣化している事もお客様は把握しておられました。

20年ほど家を守り続けてくれているので、そろそろ何かしらの対応はしないと行けないと考えられておりました。

お客様が仰る通り、屋根は劣化、汚れが目立つ状態でした。
トップライト
立派なトップライトがあって、周りにコケが生えておりました。

トップライトも雨漏りの原因になりやすい箇所ですので、施工時にはトップライト周りのコーキングを打ちかえさせて頂くお話をさせて頂きました。
ニチハパミール
瓦が一枚剥がれ落ちておりました。

こちらを見て頂ければ、この製品がニチハのパミールだとすくに分かります。ですが、こういった損傷がない場合、塗装する前に見分ける必要があります

塗装業者の提案のままに、パミールの上に塗装をしてしまい、すぐに塗料がめくれて困っている方も多数いらっしゃいます。

ご自身で判別する事が出来れば、判断ミスによって損をする可能性も低くなるので、出来る範囲で判別しましょう。
パミール
パミールの判別はとても簡単です。

10年ほどたって、瓦の先端が剥がれてきているので、あればニチハのパミールです。

一箇所ではなく、無数に欠けますので、工事をお考えの際は業者に屋根瓦を写真で見せてもらうことが出来れば、判別出来るでしょう。
以上で調査は終了です。

調査の結果をお客様にお伝えさせて頂いたところ、屋根塗装の考えを改められました。

破風板塗装と屋根カバー工事という屋根を重ね葺きする方法を提案させて頂き、ご納得頂きました。


今回は屋根カバー工事で修理する事をお話させて頂きましたが、立地や状態、症状によって様々な解決方法があります。



ニチハパミールの屋根の住宅へお住まいの方。
お困りであれば相談、調査は無料ですので、一度お問い合わせ頂ければと思います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良市でモニエル瓦(スレート瓦)のスラリー強化工法塗装

IMG_4082
90fff31d11341ef4cb7fc4664974f635
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
水性ナノシリコン
築年数
28年
建坪
48坪
保証
7年保証
工事費用
140万円
施工事例

奈良市でモニエル瓦の水性シリコン塗装を行いました

IMG_5751
IMG_7784
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
カスタムシリコン
築年数
25年
建坪
38坪
保証
7年保証
工事費用
34万円
施工事例

三郷町で駐車場の屋根の波板をポリカ製へ交換しました

波板修理跡
波板 ブロンズマット
工事内容
屋根補修工事
使用素材
タキロン ポリカ波板 ブロンズマット
築年数
30年
建坪
20㎡
保証
工事費用
8万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟瓦撤去

橿原市でモニエル瓦の積みなおし作業をさせていただきました。棟瓦の銅線が切れてしまい、棟瓦が歪んでしまっていました。そこで、瓦を一度撤去し、芯木と漆喰を置き、ビスを打ち、コーキング処理をいたしました。のし瓦が残っているところは、銅線を巻きなお...........

IMG_3086

屋根瓦の撤去作業、葺き土撤去作業

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560