オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大和高田市で手すりと鉄骨の錆止め塗装




奈良県大和高田市にて手すり鉄骨柱錆止め塗装をさせていただきました。



はどうしてもサビてしまいます。


では、サビを防ぐにはどうしたらいいかと申しますと、大きく四種類になると思われます。

  •  被覆防食
  •  電気防食
  •  耐食材料
  •  環境制御


難しそうな言葉が並んでいますね…。

それぞれの意味は後日改めて紹介させていただきたいと思います。




上記4種類、いずれも広範囲な技術分野にまたがってます。


同じ材料でも使われる産業や業界が違うと、サビを防ぐのにも色々あるのですね。




私どもでは、「被覆防食」の塗装によってサビを防ぐのが最適です。



と、いうことで、これ以上サビさせない為にも塗装を施させていただきました。。





錆止めに特化した塗料で塗装していきます。




後ほど、サビについても少しお話させていただきたいと思います。






それでは見ていきましょう。







錆止め塗装

フェンス



今回はこちらのサビにまみれてしまっている
鉄骨門柱手すり
塗装していきます。



IMG_8736-columns2


まずは、ケレン作業を地道にやっていきます。
残念ながら写真の撮り忘れのため、
塗装作業からのご紹介になります。

このケレン作業をどれだけ丁寧にするかで、
仕上がりが大きく変わってきます。


IMG_8739-columns2



今回の下塗りは錆止め塗料でも
メジャーな赤茶色を使用しています。



IMG_8746-columns2



充分に乾かして
中塗り、上塗り塗装をしていきます。
IMG_8744-columns2


ブラックで塗っていきます。

乾かしてから上塗りを
一緒の塗料で塗って完成です。




IMG_8745-columns2

船乗りさんなど、交代で
自分達の船の甲板を塗装する場合、
下塗り、中塗り、上塗りと
全て違う色で塗装するそうです。

その後に当番になった人が塗装の時期
確認できるからですね。





さて…サビとはなぜ出来てしまうのでしょうか。。。

そもそもサビって何❓









サビとは、鉄鉱石そのものなのです。



もともとの原料である鉄鉱石は大気中の酸素結びついて酸化鉄として地球上に存在しています。



高炉で鉄鉱石から酸素を取り省いてできたものがなのです。


酸素や水分と化学反応を起こしてできるので、そのものが元々はサビなのです。



何だか首を捻りすぎて痛くなってきましたが…。


酸素とも化学反応するということは、、 や  が降らなくてもサビは発生してしまいます。


このサビ…。

人工的ににされたものだから、自ら元の自然な姿の鉄鉱石に戻ろうとしているだけなのです。  

ちょっと可哀想になってきました。。。





 


このサビですが…お世話になっている方もいらっしゃいます。
私もその一人です。







まずは、黒錆…これは鉄瓶和包丁に見らます。

赤錆とは違い、細かい皮膜を作るので金属内部の腐食を食い止めることができるのです。

鉄瓶で淹れるお茶はサイコーです。




あとは、緑青…。ロクショウと呼びます。

酸化することで発生する青緑色の皮膜で、抗菌力や耐食性に優れているといった特長があることから、建物の給水設備などには銅管が多く使用されています。


寺社仏閣などに見られる銅屋根や、銅像自由の女神もそうです。



一口にサビといえども私達の身近なものにもたくさんあったのですね。


今回のサビには錆止め塗料によって、水や酸素を遮断し腐食を防ぎましたが…。






では、続いて鉄門柱錆止め塗装を見ていただきます。









フェンス



この白い門柱を
錆止め塗装していきます。



IMG_8771-columns3


手すりの時と同じくケレン作業
念入りにした後、
下塗りを施します。

今回は下塗り塗料にを使用いたしました。



フェンス


中塗り、上塗り塗料には
壁に合わせて
オフホワイトで
仕上げさせていただきました。





いかがでしたでしょうか。


今回は手すりと鉄門柱の錆止め塗装の模様をご紹介させていただきました。





は放っておくとサビしまい、また広がっていきます。


そのままにしておくと、浸食が進み…やがて朽ち果て…鉄鉱石になってしまうのです。。





早期に錆止めを施し、メンテナンスを定期的にするように心掛けていただきたいと思います。


その際は、是非ご相談下さいませ。

一緒に解決策を見つけていきましょう。






最後までお読みいただきありがとうございました。












同じ工事を行った施工事例

施工事例

北葛城郡上牧町にて火災保険を使用した雨樋工事

雨樋
雨樋
工事内容
雨樋交換
部分塗装
火災保険
使用素材
アイアン丸
築年数
30年
建坪
20坪
保証
工事費用
20万円
施工事例

大和高田市にてパラペット付き折板屋根の錆止め塗装工事をさせていただきました

折板屋根
折板屋根
工事内容
屋根塗装
部分塗装
その他塗装
工場
ビル
3階建て
使用素材
スカイコート
築年数
建坪
保証
5年間
工事費用
45万円
施工事例

大和高田市にて手すりと鉄骨柱の錆止め塗装をさせていただきました

フェンス
フェンス
工事内容
部分塗装
アパート・ビルなどの外装リフォーム
その他の工事
商業施設
使用素材
2液性ウレタン塗料
築年数
建坪
保証
5年間
工事費用
13万円

同じ地域の施工事例

施工事例

大和高田市にてベランダ防水工事をいたしました

防水劣化
エクセルテックス
工事内容
雨漏り修理
防水工事
その他塗装
使用素材
エクセルテックス
築年数
50年
建坪
15坪
保証
5年保証
工事費用
25万円
施工事例

大和高田市にて手すりと鉄骨柱の錆止め塗装をさせていただきました

フェンス
フェンス
工事内容
部分塗装
アパート・ビルなどの外装リフォーム
その他の工事
商業施設
使用素材
2液性ウレタン塗料
築年数
建坪
保証
5年間
工事費用
13万円
施工事例

大和高田市で雨漏りした住宅、屋根をROOGAへ葺き替え

急勾配の屋根
ROOGA雅 急勾配
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ROOGA雅
築年数
25年程度
建坪
46坪
保証
7年保証
工事費用
190万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

外壁剥がれ

奈良県葛城市にてボンタイル壁の膨れ修繕工事と外壁塗装を致しました。外壁の膨れや剝がれの原因は様々で、中でも施工業者の不良工事によるものが多くあります。今回は経年劣化によるものでしたがこのまま放っておくと、どんどん膨れは広がり塗膜が剥がれやす...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560