オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

東大阪市で屋根の板金が飛んだ住宅で棟板金交換をしました。


東大阪市で屋根の板金が飛んだ住宅で棟板金(むねばんきん)交換をさせて頂きました。

既存の棟板金を撤去して下地木材を撤去した後、下地木材の新設を行い、ガルバリウム製の棟板金を固定しました。

作業の様子をご紹介させて頂きますので、ご覧下さい。
既存の棟板金
棟板金の状態です。

強風で飛ばされて下地木材がむき出しになっていたので、応急処置で防水紙を貼り付けております。
棟板金撤去
防水紙と棟板金を撤去して行きます。

棟板金は側面から釘で留められていますので、バールを使用して釘を抜いて、撤去して行きます。
抜き板
棟板金を撤去すると、抜き板(ぬきいた)と呼ばれる下地木材があります。

こちらも棟板金と同様に撤去して行きます。
抜き板撤去
長い釘を打ち付ける事で、屋根に固定されておりますので、バールとハンマーを使用して撤去して行きます。
棟板金撤去後
棟板金撤去後の様子です。

屋根の継ぎ目はこのように隙間が空いております。

この隙間から雨水が侵入しないように棟板金が施工されております。
抜き板固定
抜き板を新設して行きます。

一定間隔でビスを打ち込む事で固定します。

釘ではなく、ビスを使用する事で従来の施工方法より固定力と作業効率を高くします。
抜き板固定
同じ間隔で隅から隅まで、抜き板を固定します。
棟板金加工
既製品の棟板金だけでは、角部分などはまらないので、職人が加工を行います。
コーキング
継ぎ目にコーキング打ち込んでから重ねて行きます。

雨水の侵入を防ぐ為の工程です。
棟板金固定
側面から抜き板にビスを効かす事で固定します。

耐久性の高い、ガルバリウムという金属の棟板金を使用しております。
棟板金 ビス固定
ステンレス製のビスをしています。

ステンレスは錆びない金属ですので、より高耐久に仕上げる事が出来ます。
棟板金新設
新たな美しい、棟板金が出来上がりました。
以上が作業の内容になります。

屋根で最も雨漏りの原因になりやすいと言われているのが棟です。

棟が飛んだ場合や崩れた場合はもちろんですが、そうでない場合も損傷しているケースがあります。

最小限のメンテナンスで住宅を長持ちさせるように定期的に点検を行いましょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

強風で損傷した棟板金(むねばんきん)を交換しました

既存の棟板金
棟板金新設
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム製 棟板金
築年数
25年程度
建坪
9m
保証
工事費用
8万円
施工事例

広陵町で棟板金が破損した住宅で棟板金交換工事を施工しました。

既存の棟板金
新品の棟板金
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築30年
建坪
70坪
保証
7年保証
工事費用
35万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の異変のきっかけ

近日、強風が多く屋根の損傷を受けてお困りの方が多いと思います。風で屋根の板金が飛んだ。弊社では、こういったお問合せを良く頂きます。屋根修理といえば、「費用が高い」「足場が必要」「放置すれば、雨漏りする」「信頼できる知り合いの屋根やがいない」...........

飛んだ棟板金

葛城市で風で飛んだ屋根の板金を交換しました。現場は片流れ屋根という形状の屋根で高さがある物件ですので、風の被害を受けやすい形になっている住宅です。風災被害での損傷ですので、お客様は火災保険を使っての工事を決断なされました。工事の内容をご紹介...........

初日の足場工事

現在、広陵町で屋根の棟板金(むねばんきん)交換工事を施工させて頂いております。既存の棟板金は風災被害により飛んでおり、下地材である角材も共に被害を受けておりました。調査をしたところ角材の腐食により釘がきかなくなり、被害にあったのが明確になり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560