オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

平群町で築37年の住宅を調査 屋根の沈み


皆様こんにちは!
街の屋根やさん大和高田店です。

本日も現場の調査を行って来たので現場ブログを更新して行きます。

平群町で築37年の住宅の現場調査を行いました。

屋根の一部が沈み落ちてると言うのをお伺いして現場へ向かわせて頂きました。

恐らく瓦の割れやズレている事に気が付かづ雨が浸入し続けて下地が腐食した事が原因です。

幸いにも屋根の沈んだ部分は屋根の端の方で住宅内部には雨漏りなどの被害は出ていないようです。

ですがこのままではいずれ内部の方にも被害が広がる可能性や屋根が完全に崩れる可能性があります。

全体的にも劣化が進んでいて工事が必要な状態です。

調査の様子をご覧下さい。

屋根の沈み
屋根の状態です。

一部の瓦が沈んでいるのが分かります。

ここまで沈んでいるという事は瓦の下の下地部分はボロボロになっていると考えられます。

軒部分
内側からも雨が浸入しているので軒もやられています。

ここまで劣化している事を考えると内部のダメージは骨組みにまで達してる可能性があります。

下から覗くと隙間から空が見える状態です。

瓦を捲り下地や骨組みから工事をする必要があります。
棟鬼瓦
棟や鬼瓦部分の漆喰も綺麗に取れていて、隙間から雨が浸入しています。


葺き土現状
瓦の下の葺き土も明らかに減っているのでこれでは瓦の固定力が弱まり瓦がずれて来ます。
雨樋の劣化
雨樋も劣化が激しく取り替えが必要です。

詰まりなどから雨が溜まり錆びてしまったの原因です。
屋根(上から)
上から見た瓦です。

瓦が波打ち屋根が沈んでいます。

どこまで近づけるか、下手に近づくと屋根が崩れる可能性があるので危険です。
足場を立てないと瓦を捲って内部を確認する事が出来ません。

備考

屋根の状態は深刻です。

本格的に瓦を捲り内部を確認する為には足場が必要です。
となると必然的に工事も必要になります。

劣化状態から見ても一度綺麗に屋根を葺き替える方が良いかと思われます。
一部を修理しても他の場所がまた悪くなる。というのは良くある話です。

お客様と相談して一刻も早く安心出来るように工事が出来ればと思います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大和高田市にて波板の交換工事をさせていただきました

波板
波板
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
30年
建坪
25坪
保証
工事費用
施工事例

奈良市にてベランダの波板新設をいたしました

IMG_4893
IMG_5745-1
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
25年
建坪
52坪
保証
5年保証
工事費用
150万円
施工事例

天理市で谷樋交換と外壁のひび割れ補修工事をしました

谷樋
谷樋
工事内容
雨樋交換
その他の工事
使用素材
板金、シリコンコーキング剤
築年数
45年
建坪
40坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

丸ノコ

御所市にて車椅子を移動させるための門扉をガレージに設置させていただきました。ガレージにはフェンスとブロック塀で囲いがしてあったため、まずは門扉を設置する部分を解体しました。解体の模様はこちらをクリックしてください解体後…材料の松の木の角材を...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560