オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大和郡山市で棟の取り直し工事を施工させて頂きました。


工事のきっかけ

棟瓦の劣化の状態が気になるので、工事をして欲しい。

大和郡山市 棟瓦取り直し

ビフォーアフター

before
既存の下屋根
horizontal
after
完工写真

工事基本情報

施工内容
棟瓦取り直し
施工期間
2日
使用材料
釉薬瓦
施工内容その他
築年数
35年
保証年数
5年保証
工事費用
23万円
建坪
30坪
ハウスメーカー
大和郡山市で築35年の住宅にお住まいの方より瓦の劣化や抜けが気になるとお問い合わせを頂きました。

棟瓦(むねがわら)と瓦の凍害による劣化があり、放置していると雨漏りの原因になりますので瓦の差し替え工事と棟の取り直し工事を施工させて頂きました。

調査と工事の内容をご紹介させて頂きますので、内容をご覧下さい。
既存の下屋根
既存の下屋根の状態です。

瓦自体は健康な部分が多いですが、一部凍害により激しく劣化しております。
のし瓦の抜け
のし瓦が抜け落ちてきます。

瓦は中に圧縮した土が入っており、土によって瓦を固定しております。

雨水の浸入により土の密度が減ることによって瓦を固定する力が弱まり瓦が抜けております。

放置して置くと、さらに雨水の浸入を許しお部屋の中への雨漏りを引き起こす原因になります。

瓦の凍害
棟瓦(むねがわら)の凍害による劣化部分になります。

棟瓦の中も高密度の土が入っておりますが、土の密度が減り湿気や水分を溜め込むスペースがあいております。

溜め込んだ湿気が凍結と乾きを繰り返し瓦の急速な劣化を引き起こしております。


瓦の中の土の状態
瓦の中の土の状態も確認させて頂きました。

本来ぎっしり詰まっているはずの下葺材(したぶきざい)の土が雨水の浸入により崩れ減ってきているので、本来は葺き替え工事をする事がベストです。

しかし今回は緊急で費用も掛けられないという事でしたので、棟の取り直し工事と劣化した瓦の差し替え工事のみを進めさせて頂きました。
作業場貫板設置
まず作業場する際に必要になる貫板と呼ばれる木材を設置します。
既存かんぶり撤去
かんぶりと呼ばれる棟瓦の一番上の役物を撤去していきます。
かんぶりの中の土撤去
かんぶりの中にあ高密度の土が入っておりますので、撤去して行きます。
のし瓦撤去
のし瓦と呼ばれる瓦とのし瓦を固定している土を撤去していきます。
瓦を固定
棟を真っ直ぐ固定する為に、線を引っ張ります。
瓦の加工
差し替え部分の瓦の加工をしていきます。
劣化した瓦の差し替え
凍害により劣化した瓦の差し替えを行います。

瓦のサイズを一枚一枚加工して行きます。
v
棟瓦を乗せる前に漆喰を盛っていきます。

土よりも上質の漆喰を使う事により耐久性と防水性が高くなりますので、現在は上質の漆喰を使用する事が主流です。
片面ずつのし瓦
片面ずつのし瓦を乗せていきます。

列が乱れないよう様々な角度から、瓦の列を確認します。
かんぶりを固定する漆喰
のし瓦を乗せ終わりますと、かんぶりを固定する為の漆喰をのし瓦の上に盛っていきます。
かんぶりを乗せる
かんぶりを下から順に乗せていきます。
のし瓦差し替え
のし瓦も棟瓦と同じ要領で固定して、新たな瓦を差し込みます。
隙間をコーキング
雨水浸入部分をコーキングによって塞ぎます。
棟完成写真
新たな棟の完成です。

綺麗な景観を取り戻し、雨漏りの心配も軽減されました。
下屋根の棟の取り直しをさせて頂きましたので、下屋根の棟から雨水が浸入する事は数十年はないです。

次に何らかの症状が現れるとすれば、大屋根の棟と漆喰が原因で引き起こす可能性が高いというお話をさせて頂きました。

職人さんの対応と仕事内容をお客様に気に入ってもらい喜んで頂く事が出来ました。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

河合町で棟瓦(むねがわら)取り直し工事を施工しました

棟の状態
棟瓦新設
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
40年
建坪
8m
保証
5年保証
工事費用
18万円

同じ地域の施工事例

施工事例

大和郡山市でセラミクリーンを使用した外壁塗装工事

施工前の外壁
完工写真
工事内容
外壁塗装
使用素材
低汚染シリコンセラミクリーン
築年数
築30年
建坪
45坪
保証
7年保証
工事費用
75万円
施工事例

大和郡山市でエコグラーニを使用した屋根カバー工事を施工

既存の屋根
完工写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
エコグラーニ
築年数
築30年
建坪
50坪
保証
7年保証
工事費用
150万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

損傷した棟

河合町で棟瓦(むねがわら)取り直し工事を施工しています。既存の棟瓦は劣化しており、風災被害により鬼瓦が落下しておりました。漆喰により応急処置を行った後、しばらく経過しますが、棟の取り直しをさせて頂く事になりました。作業の様子をご紹介させて頂...........

鬼瓦撤去

築40年以上の住宅で鬼瓦(おにがわら)を落下防止の為に撤去させて頂きました。現場は三重県の伊賀市で玄関上の屋根には鬼瓦が複数ありました。経年劣化による鬼瓦の落下で事故に繋がると判断したお客様は撤去を強く希望されておりました。鬼瓦の撤去作業を...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560