オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

奈良市で雨漏りした瓦屋根をコロニアルグラッサへ葺き替えました


工事のきっかけ

2階天井に雨染みがあるので、雨漏りを直して欲しい。

奈良市 屋根葺き替え,雨漏り修理

ビフォーアフター

before
施工前の瓦屋根
horizontal
after
コロニアル完工

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,雨漏り修理
施工期間
10日間
使用材料
コロニアルグラッサ
施工内容その他
築年数
32年
保証年数
7年保証
工事費用
130万円
建坪
24坪
ハウスメーカー
奈良市で雨漏りに悩むお客様より、お問い合わせのご連絡を頂きました。

2階天井部分に雨染みを発見なされ、不安なので確認して欲しいといった内容でした。
調査の結果、屋根からの雨漏りでしたので、屋根の葺き替え工事をご決断なされました。

雨漏り修理の為、和瓦の屋根からスレート屋根へ葺き替えた事例をご紹介させて頂きます。
天井 雨染み
問題の2階部分の雨染みです。

大半の方は天井のシミが雨染みだという認識がありません。

しかし天井にシミが出来ていれば、雨染みの可能性大です。

もしも発見された場合は、至急専門家へ調査を依頼しましょう。
漆喰の剥がれ
2階部分の天井の漏水ですので、すぐに屋根からの雨漏りを疑いました。

屋根に登ると、複数の雨漏りの原因が見つかりました。

まず一つ目ですが、漆喰(しっくい)のはがれです。

漆喰は土など水に弱い資材を守るために塗られております。

その漆喰が剥がれると、雨水が屋根よりも下に流れてしまいます。
瓦が剥がれている
雨漏りの原因その2は瓦のズレです。

瓦がズレると、瓦の隙間が大きくなる侵入する雨水の量を増やしてしまいます。

写真の湿気た土は、瓦のズレにより雨水が侵入し続けた事によるものです。
下葺材の損傷
原因その3は下葺材(したぶきざい)の劣化です。

築30年以上前の屋根下地には写真のような黒いビニール状のシートが張っております。

「ハリトン」と呼ばれますが、年数がたって破れていると雨漏りの原因になります。


複数ヵ所で雨漏りの原因がある場合、補修工事を行っても再発する可能性が高くなる為、葺き替え工事を提案します。

瓦めくり
まずは既存瓦を撤去していきます。
瓦撤去
築30年以上前の瓦の下には葺き土(ふきど)と呼ばれる土があります。

葺き土
土も集めて撤去を行います。

葺き土撤去
土を集めて袋に入れて荷下ろしします。
屋根下地 清掃
屋根下地の清掃を行います。
雨養生撤去
バラ板という、下地が出てきます。

バラ板の下は天井裏ですので、ここまで雨水が到達すれば、雨漏りを引き起こします。
桟打ち
角材を一定ピッチで固定します。
桟木 新設
瓦屋根から新たな屋根材を新設するとき、嵩上げ(かさあげ)という作業を行い、高さを整えます。
IMG_3835-columns2
野地板合板(のじいたごうはん)という厚み1㎜から2㎜の木の板を角材の上から貼って固定します。
防水紙 タッカー止め
防水紙という下葺材をタッカーで固定します。
ケラバ板金
端部に専用の「唐草」「ケラバ」などの板金を仕込みます。
スターター施工
スターターという専用サイズの瓦を軒先のみに使用します

専用の釘を固定します。
カラーベスト固定
平瓦を被せて固定します。

コロニアルは瓦同士の重なりを利用して、継ぎ目からの雨水の侵入を防ぎます。
雨押え 抜き板
壁際に角材を仕込みます。
コーキング壁際処理
壁際の角材に「のし水切り」という専用の板金を固定します。

上部から雨水が侵入しないように、コーキング処理を行います。
抜き板新設
抜き板という角材を固定します。


棟板金新設
棟板金という部材を、抜き板に刺さるように側面から釘を打って固定します。
コロニアル完工
コロニアルグラッサの完成です。

コロニアルグラッサの特徴

・30年ほどの耐久性
・施工性が良く、費用が比較的安い
・10年毎のメンテナンスが必要
・カラーバリエーションが多い
・割れやすい
・比較的軽く、地震が強い
以上がコロニアルの施工事例です。

今回はDIYなどされる方が素早く情報収集出来るように、施工内容をシンプルにまとめさせて頂きました。

屋根葺き替えにより、雨漏りは無事に止まったとお客様から報告を頂きました。


【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良市にてROOGA雅への葺き替え工事をさせていただきました

T様邸 施工前
T様邸 完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ROOGA雅
築年数
築31年
建坪
30坪
保証
7年保証
工事費用
190万円
施工事例

下屋根を損害保険でコロニアルクァッドへ葺き替えました

IMG_6609-1
IMG_7832
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
コロニアル瓦
築年数
67年
建坪
59坪
保証
7年保証
工事費用
0円
施工事例

奈良市にて和瓦から平板瓦への葺き替え工事をいたしました

施工前 いぶし瓦
ナイスザノア
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
淡路産平板瓦ナイスザノア(防災瓦)
築年数
67年
建坪
59坪
保証
7年間
工事費用
180万円

同じ地域の施工事例

施工事例

奈良市にてベランダの塗膜防水作業をいたしました

施工前 ベランダ
エクセルテックス 施工後
工事内容
防水工事
使用素材
エクセルテックス
築年数
築31年
建坪
30坪程度
保証
7年保証
工事費用
15万円
施工事例

奈良市にてモルタル外壁の塗装を施工いたしました

T様邸 施工前
T様邸 完工写真
工事内容
雨樋交換
外壁塗装
使用素材
SK セラミクリーン
築年数
築31年
建坪
30坪程度
保証
7年保証
工事費用
45万円
施工事例

奈良市にてROOGA雅への葺き替え工事をさせていただきました

T様邸 施工前
T様邸 完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ROOGA雅
築年数
築31年
建坪
30坪
保証
7年保証
工事費用
190万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下屋根アスベスト含有

奈良県橿原市にてアスベスト含有のコロニアル屋根からケイミュー社のコロニアルクァッドに葺き替えいたしました。その模様をご紹介させていただきます。後ほどアスベスト含有屋根についても少しお話もさせていただきます。それでは早速見ていただきましょう。

IMG_5370

今回は奈良県奈良市にて和瓦から『ROOGA 雅』という屋根材を使用した葺き替え工事の模様をご紹介させていただきたいと思います。後ほどこの『ROOGA 雅』についてもお話させていただきます。本当に良い屋根材なんです。私個人では一押しですケイミ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560