オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

河合町で棟瓦(むねがわら)取り直し工事を施工しました


工事のきっかけ

鬼瓦が取れている

屋根補修工事,棟瓦取り直し

ビフォーアフター

before
棟の状態
horizontal
after
棟瓦新設

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,棟瓦取り直し
施工期間
2日間
使用材料
釉薬瓦
施工内容その他
築年数
40年
保証年数
5年保証
工事費用
18万円
建坪
8m
ハウスメーカー
河合町で棟瓦(むねがわら)取り直し工事を施工しました。

屋根工事のきっかけは棟の端部にある鬼瓦(おにがわら)が取れて落下しており、棟の中の土がむき出しになっているのをお客様が確認なされて不安に思ったので、お問合せを頂きました。

調査をさせて頂いたところ棟の取り直し工事を提案させて頂き、ご決断なされましたので、工事をお任せ頂きました。

作業の様子をご紹介させて頂きますので、ご覧ください。
損傷した棟
棟の端部の鬼瓦が取れて落下しておりました。

鬼瓦は棟の中から銅線(どうせん)を通して、鬼瓦の裏に結び付けることにより固定します。

鬼瓦が取れるのは銅線が雨水の侵入で酸化して、ちぎれていたと考えられます。
棟の状態
棟の状態です。

棟とは屋根の頂上の部分を言いますが、ラバーロック工法という瓦を固定する特殊な方法で施工されます。

誤ったラバーロック工法を行われていて、雨漏りの可能性がありますので、棟を取り直す提案をさせて頂きました。
応急処置
まず調査を行った際、土がむき出しの部分に漆喰を塗り、応急処置をさせて頂きました。

棟の工事が始まるまでの応急処置です。
棟撤去
まずは既存の棟瓦を撤去します。

土と銅線で固定されておりますので、銅線をほどき、土と瓦を撤去します。
棟撤去
かなりの量の土がでてきますが、どのう袋にいれて下ろしていきます。
熨斗瓦新設
端から端へ、糸を引っ張る事で棟の下地をまっすぐ作って行きます。

従来とは違い土ではなく、漆喰で瓦を固定していきます。
熨斗新設
熨斗瓦(のしがわら)と呼ばれる瓦を積んで行きます。

漆喰と銅線で固定します。

熨斗瓦を積んだ後は端部の鬼瓦も銅線で固定します。鬼瓦の裏には銅線を通す場所がありますので、通して結びます。

屋根下地に銅線付きの釘を打ち付けて、銅線を引っ張ります。
冠瓦新設
冠のように被せる瓦、冠瓦(かんむりがわら)と呼ばれる瓦を固定していきます。

冠瓦の天面には穴が二つあいております。

穴に銅線を通して、巻き付ける事で固定します。
棟瓦新設
仕上がった屋根の様子です。

新品の瓦を使用し、漆喰を使って固定している為、従来よりも高い耐久性で仕上げております。
棟は屋根の中でも最も雨漏りの原因になりやすい箇所の一つです。

定期的にメンテナンスを行い、雨漏りを予防する事により柱などの躯体を長持ちさせることになります。

雨漏りの予防をする事で屋根を経済的に健康状態を保つことが出来ます。

早めのメンテナンスを行う事で屋根の長寿を実現させましょう。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良市でモニエル瓦(スレート瓦)のスラリー強化工法塗装

IMG_4082
90fff31d11341ef4cb7fc4664974f635
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
水性ナノシリコン
築年数
28年
建坪
48坪
保証
7年保証
工事費用
140万円
施工事例

奈良市でモニエル瓦の水性シリコン塗装を行いました

IMG_5751
IMG_7784
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
カスタムシリコン
築年数
25年
建坪
38坪
保証
7年保証
工事費用
34万円
施工事例

三郷町で駐車場の屋根の波板をポリカ製へ交換しました

波板修理跡
波板 ブロンズマット
工事内容
屋根補修工事
使用素材
タキロン ポリカ波板 ブロンズマット
築年数
30年
建坪
20㎡
保証
工事費用
8万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_3086

屋根瓦の撤去作業、葺き土撤去作業

天然石の屋根材

香芝市で強風により破損した天然石の屋根材を火災保険で補修したいとお問い合わせを頂きました。調査に伺ったところ既存の屋根材は、割れている箇所が無数にありました。被害の状況から見て、火災保険で屋根補修を行う事が可能だと判断した為、保険申請の流れ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560