オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

生駒市で急勾配屋根のカバー工事を施工させて頂きました。


工事のきっかけ

風災被害により棟板金が飛んでしまったので、現場調査をして頂いたところ雨漏りの初期症状が発覚したのでカバー工事を決断しました。

生駒市 屋根カバー工事,雨樋交換,部分塗装

ビフォーアフター

before
施工前写真
horizontal
after
施工後写真

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事,雨樋交換,部分塗装
施工期間
10日
使用材料
JFE鋼板 極-MAX
施工内容その他
築年数
30年
保証年数
7年保証
工事費用
230万円
建坪
70坪
ハウスメーカー
生駒市で風災被害により雨漏りしていた住宅で屋根のカバー工事を施工させて頂きました。 急勾配(きゅうこうばい)の屋根で塔屋(とうや)があり、塔屋の外壁のカバー施工なども同時に紹介させて頂きます。 横雨樋(よこあまどい)の交換、サービスでペンキ塗りなども施工させて頂きました。 工事の様子をご覧下さい。

調査の様子

極-MAX工事前
現場調査の様子です。
既存の屋根
屋根が急すぎる為、登る事は出来ませんでした。はしごからの撮影です。
棟板金の様子
分かりづらいですが、屋根の頂上にある棟板金(むねばんきん)と呼ばれる板金が飛んでしまっています。

板金の中に角材が打ち付けていますが、釘が抜けかけております。
飛んだ板金
飛んだ棟板金です。

近隣の住宅を傷つけていないかも確認させて頂きましたが、幸いにも近隣には被害が出ていないようです。

屋根裏の雨染み
天井裏の様子です。

天井裏は収納になっている住宅でしたが、天井板に雨染みが落ちていました。
変色した木材
屋根の下地材ですが、所々変色している箇所がありました。

雨水の侵入により一部劣化しているようです。

現場調査の際は写真を100枚程度取らして頂きますが、資料にしてお客様にお渡しさせて頂いております。

工事の様子

足場架け払い
初めに足場を組立ます。
屋根用足場
急勾配用の屋根足場です。

急な屋根は滑りやすい為、事故がないように作業員の為の手摺りを屋根に取り付けます。
応急処置
足場が組み終わりますと、問題部分を一番最初に応急処置します。
応急処置
雨水の侵入を許す可能性がある箇所は防水テープを貼らせて頂きます。
片面粘着ルーフィング施工
片面粘着ルーフィングと呼ばれる下葺材を施工します。

屋根から雨水の侵入を防ぐ役割を担う大事な工程です。
桟木取り付け
必要な各所に角材を取り付けます。
極-MAX施工
極-MAXという商品で施工します。

ガルバリウム鋼板と呼ばれる板金で出来ており、現在主流の金属屋根材です。
入り隅施工
細かい部分も職人さんが加工して葺いて行きます。
雨押え施工
塔屋の壁際には雨押えという特殊な形の板金で雨漏りしないように処理します。
瓦棒葺き
塔屋の上は瓦棒葺きという施工をします。

既存の屋根が瓦棒という形の為、それに沿った形でカバー施工して行きます。

瓦棒葺き
材質は同じガルバリウム鋼板製のものを使用します。

緩勾配で雨漏りしやすい箇所ですので、立平葺き(たてひらぶき)という今回の施工が最も相性の良い施工方法になります。
瓦棒葺き完工
立平葺きは屋根の頂上から軒先まで一枚物の板金で施工できます。

他の施工と違い縦に継ぎ目がない為、雨漏りしにくい施工方法になります。

抜き板取り付け
抜き板と呼ばれる角材を棟(むね)に取り付けて行きます。
棟板金施工
抜き板は棟板金と呼ばれる屋根の頂上の板金を固定する為に取り付けて行きます。
ステンレスのビス
板金はステンレスのビスで固定します。

錆びにくく、抜けにくいステンレスのビスは従来の釘の何倍ものパフォーマンスを発揮します。
外壁カバー施工
外壁カバーの様子です。

既存の外壁はあまりケイカルと呼ばれる材質のもので強い材料ではありませんでした。

日当たりや雨風が強い箇所ですので、カバー施工をさせて頂く事になりました。
外壁カバー完工
使用材料はヨドプリントと呼ばれる材料です。

外壁専用の板金で色や種類が多数ある商品になります。

既存の色に近い白い色で仕上げております。
鼻隠し板カバー施工
鼻隠しも板金でカバーさせて頂いております。

既存の横雨樋を撤去させて頂きました。

雨樋ジョイント
新設する雨樋と古い雨樋の継ぎ目部分に継ぎ目の部材を施工します。
鼻隠し板 横雨樋交換
腐食した鼻隠し板を板金で覆い、雨樋を新設します。
集水器 エルボ交換
縦の雨樋の継ぎ目まで新設させて頂きました。
色あせた雨樋を塗装
新設していない部分と色の差が出ておりましたので、塗装で色を合わせて施工しました。
塗れる木材を塗装
色あせたものも塗装で新品のような景観を取り戻すことが出来ます。
庇塗装
色艶が飛んだものも艶やかな景観になります。
足場解体
施工が終わりましたので、足場を解体して行きます。
足場解体
足場解体後の様子です。

足場解体後に綺麗になる外観は毎度の事ながら見るのがとても楽しみです。

解体後清掃
足場解体後の清掃もきっちりこなします。

清掃ではいつもお客様に喜んで頂いております。

【工事完了後】

完工写真
急勾配の屋根です。

急勾配屋根は緩勾配屋根に比べて施工の手間が大きく掛かります。
極-MAX
外観部分の印象も大きく変わりました。

カッコいい外観になり、お客様に喜んで頂きました。
瓦棒 完工
塔屋(とうや)の屋根はカバー施工の瓦棒葺き(かわらぼう)をさせて頂きました。

既存の屋根の部材によっては凹凸が少し大きめの瓦棒葺きを施工させて頂いております。

塔屋の上は緩勾配の為、雨漏りの症状が最も表れていた部分になります。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良で雨漏りした屋根のリフォームを行いました

屋根外観
金属立平葺き
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
JFE鋼板 極
築年数
築41年
建坪
80㎡
保証
7年
工事費用
120万円
施工事例

磯城郡三宅町で雨漏りした住宅の玄関庇の補修工事を行いました。

施工前 玄関庇
仕上がった玄関庇
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
JFE鋼板 極
築年数
30年
建坪
10㎡
保証
7年保証
工事費用
20万円
施工事例

奈良市でカラーベストのカバー工事を施工させて頂きました。

施工前の屋根
棟板金施工
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
JFE鋼板 極
築年数
約30年
建坪
55㎡
保証
7年保証
工事費用
60万円

同じ地域の施工事例

施工事例

生駒市で屋根塗装。水性ナノシリコンを使用しました。

既存の屋根
完工写真
工事内容
屋根塗装
使用素材
ナノシリコンw
築年数
築18年
建坪
30坪
保証
7年保証
工事費用
50万円
施工事例

生駒市でウレタン防水を施工させて頂きました。

既存の陸屋根
完工写真
工事内容
防水工事
使用素材
エコトップ
築年数
36年
建坪
17㎡
保証
3年保証
工事費用
15万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ガルバリウム鋼板

奈良で雨漏りしたスレート屋根を火災保険を適応させて、屋根カバー工事を施工しております。屋根カバー工事とは、既存の屋根の上にさらに屋根を乗せる工事です。軽量の金属屋根材を乗せる事による屋根を2層にして、雨漏りを止めます。前回に下葺き(したぶき...........

防水紙荷上げ

奈良で屋根カバー工事を施工しております。既存の屋根はスレートのカラーベストで、雨漏りに悩まれて屋根カバー工事をご決断なされました。火災保険の申請も行い、少し保険金が出ましたので、思い切って屋根カバー工事を行いました。作業の様子をご紹介させて...........

施工前

奈良で火災保険を利用した屋根リフォームを着工しました。お客様は雨漏りにより悩んでおられ、火災保険による屋根リフォーム検討なされていました。火災保険申請のお手伝いをさせて頂き、保険金がおりましたので、屋根リフォームを着工させて頂きます。今回の...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560