オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

奈良市で平板瓦を使用して大屋根葺き替え作業


大屋根の新設作業


今回は大屋根の新設作業をご紹介させていただきます。




前日までに瓦と葺き土撤去作業を終わらせましたので、野地板増し作業からルーフィングの設置、そして平板瓦を設置をさせていただきました。
その模様をご紹介させていただきたいと思います。



では早速ごらんいただきましょう。







雨漏りをしている箇所の野地板が腐っていましたので、その上から新たに野地板を重ねて張らせていただきました。




野地板とは・・・屋根の下地板のことです。




野地板劣化している場合、新しく張り替える必要があります。


しかし、下地として機能しないほど激しく劣化している場合を除き、
既存の野地板の上に新しい野地板重ね張りすることが一般的に多くなります。


理由は撤去する手間処分する費用も発生するためです




野地板耐震性耐風性といった役割を受け持ち、屋根の構造支えている部分でもあります。



屋根の下地がしっかりしていれば、屋根だけでなく家も頑丈になります。

家の基礎や柱も大事ですが、その上の屋根丈夫さ大きく影響してくるのですね。。






それでは見ていきましょう。








IMG_6286-1-columns2


この様に葺き土を撤去しますと
野地板が出てきます。

長年施主様ご家族を守ってきましたが、
少し疲れているかのように劣化しています。
IMG_6287-columns2




順番に野地板を張っていきましょう。




IMG_6288-1



張れましたね

それではこの上にルーフィングを張っていきます。







それでは次の工程に入ります!
野地板の上にルーフィングを葺いていきます。

ルーフィングとは屋根材の下に葺く防水シートのことです。

他に「屋根下葺き材」とも「ルーフィング」「アスファルトルーフィング」「アスファルトシート」「防水紙」「ゴムアス」「ゴムアスルーフィング」「改質アスファルト」…とも様々な呼ばれ方をします。

名前の如く、防水シートとは…とても大事な役割を果たしてくれています。


家の劣化を早める一番大敵なものは『水』です。

このルーフィングをしっかり施工しないと雨漏り野地板の腐食の危険性がとても高まってしまいます。



ということで見ていきましょう。



IMG_6289-columns2


改質アスファルトルーフィング』を使用します。

これも名前の中にもあるように
道路のアスファルト同じ成分で作られていて、
原紙と呼ばれるフェルト状のシート紙に、
アスファルトを染み込ませています。
IMG_6290-columns2


この木材は
この上に葺く平板瓦を留めるために設置している
桟木です。

きずりと呼ばれる水通し穴がついています。
横線になっているので雨水等をせき止めないためです。







それでは最後に瓦を葺いていきましょう。





今回の大屋根の材料は『平板瓦』です。

ではこの『平板瓦』とは…平らで板状の形をした粘土瓦です。




フランスで作られたその名も『フランス瓦』をお手本にして日本で開発されたそうです。



現在の瓦は軽量化から施工方法なども改良されて耐震性も向上しています。

また日本の風土にとても適しているのです。

近年では沢山の震災を経験し、粘土瓦が重いからと敬遠されるようになっていたので
とても嬉しく思います。

自分たちの、また家族の事、近所の方々を思えば当然のことだと思います。。
危険を回避できるに越した事はないのですから。

でも安心してください!



今回は…

防災型平板瓦』を使います


耐風性耐雨性、そして耐震性にも優れた『平板瓦』です。




ではしっかり見ていきましょう。





IMG_6267-columns2




これが今回使用する瓦です。
淡路産いぶし平板瓦
淡路島は、いぶし瓦の生産量で全国一なのです


IMG_6268-columns2




まずは瓦を屋根に上げて
並べてから葺いていきます。
IMG_6294-columns2


一枚ずつ丁寧に並べたら
最後に棟瓦です!
強力棟金具で心木にビス留めしてる
のではずれません。


IMG_6297-columns2




出来上がりました



IMG_6293



このいぶし銀…
いつ見ても惚れ惚れします。






いかがでしたでしょうか。
今回は大屋根に平板瓦を葺くまでを簡単にご紹介させていただきました。


人や技術って宝物ですね。

どんどん良い方へ進化していってほしいものです…




今回も最後までお読みいただきありがとうございました。





同じ工事を行った施工事例

施工事例

葛城市にて屋根の葺き替え工事(ROOGA雅)

日本瓦
rooga雅
工事内容
屋根葺き替え
地震
使用素材
ROOGA雅
築年数
70年程
建坪
300坪
保証
7年間
工事費用
359万
施工事例

奈良市にて外壁塗装と屋根のリフォーム工事

平板瓦
スーパーガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
外壁塗装
部分塗装
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
50坪程度
保証
屋根7年保証・外壁5年保証
工事費用
470万円
施工事例

奈良市にてROOGA雅への葺き替え工事をさせていただきました

T様邸 施工前
T様邸 完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ROOGA雅
築年数
築31年
建坪
30坪
保証
7年保証
工事費用
190万円

同じ地域の施工事例

施工事例

奈良市にてハイツのカバー工法による外壁工事

外壁サイディング
ガルバリウム鋼板
工事内容
防水工事
アパート・ビルなどの外装リフォーム
その他の工事
使用素材
ガルバニウム鋼板
築年数
建坪
200坪
保証
5年間
工事費用
420万円
施工事例

奈良市にて雨樋交換工事をいたしました

雨樋
アイアン丸
工事内容
雨樋交換
使用素材
アイアン丸
築年数
30年
建坪
30坪
保証
5年間
工事費用
16万円
施工事例

奈良市にて外壁塗装と屋根のリフォーム工事

平板瓦
スーパーガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
外壁塗装
部分塗装
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
50坪程度
保証
屋根7年保証・外壁5年保証
工事費用
470万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下屋根アスベスト含有

奈良県橿原市にてアスベスト含有のコロニアル屋根からケイミュー社のコロニアルクァッドに葺き替えいたしました。その模様をご紹介させていただきます。後ほどアスベスト含有屋根についても少しお話もさせていただきます。それでは早速見ていただきましょう。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560