オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

橋本市で一部倒壊した屋根を軽量のものに一部葺き替え工事


橋本市で屋根の部分補修工事を行いました。

解体予定の物件ですが、屋根は一部倒壊しております。

解体までに時間を有する私情があるため、すぐに解体出来ないとお客様は悩まれておりました。

一部歩道に面していますが、通行人への被害の可能性を感じられて不安に思われておりました。

歩道側の屋根のみ軽量のものに葺き替える事で解決出来るのでは、と考えた私の提案に頷いて頂き、工事をお任せ頂く事になりました。

作業の様子をご紹介させて頂きますので、ご覧下さい。
屋根の一部倒壊
昔の古いセメント瓦で施工された屋根ですが、度重なる雨水の浸入により屋根下地が腐食してしまったようです。

すぐ横が歩道である事をお客様は不安に思われておりました。
屋根下地腐食
屋根下地と共に骨組み部分も倒壊しています。

このままでは、お客様の想像通りの結果になってしまう恐れがありますので、直ちに処置が必要とお客様の意見と共感しました。

屋根全体を葺き替える方法がベストですが、解体予定の物件にそこまでの負担はかけたくないのが、お客様の本意でした。

工夫して一部葺き替える提案をさせて頂きました。
屋根瓦撤去
屋根瓦の撤去を行って行きます。

釘で留まっている屋根瓦を左右にゆすって一枚一枚剥がして行きます。
腐食した屋根下地
屋根瓦をめくると、腐食した屋根下地の「野地板(のじいた)」が見えてきます。
野地板撤去
野地板の撤去を行うと、「垂木(たるき)」という名称の屋根の骨組みが見えてきます。

腐食している骨組みの新設を行います。
骨組み補修
健康の骨組みを残して、腐食した骨組みを撤去します。

骨組みを継ぎ足してビスで連結して固定していきます。
野地板合板新設
野地板を新たな骨組みの上から固定して行きます。

ここまでの作業を行うと、屋根の上を歩いても安定感があります。

腐食がひどい屋根下地は、屋根の上を歩くと判別する事が出来ます
防水紙新設
新設した屋根下地の上に「下葺材(したぶきざい)」を施工します。

防水紙(ぼうすいし)とも呼ばれる下葺材は雨水から屋根下地を守ってくれます。
防水紙施工
全体に敷き詰めてタッカー止めを行います。

これで雨水が問題部分に浸入する事はありません。

備考

以上が今回の作業内容になります。


重たい屋根瓦を撤去して、防水紙を貼った事でお客様の不安はかなり取り除かれた様子でした、

次回は軽量の板金屋根材を新設して行きますので、さらに安心して頂けると思います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

三郷町で駐車場の屋根の波板をポリカ製へ交換しました

波板修理跡
波板 ブロンズマット
工事内容
屋根補修工事
使用素材
タキロン ポリカ波板 ブロンズマット
築年数
30年
建坪
20㎡
保証
工事費用
8万円
施工事例

葛城市で雨漏り補修、瓦屋根の葺き直し工事を行いました。

差し掛け屋根
瓦葺き直し施工後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
雨漏り修理
使用素材
既存の瓦
築年数
30年程度
建坪
10㎡
保証
5年保証
工事費用
25万円
施工事例

大和高田市で火災保険を使用して屋根一部葺き替え工事をしました

瓦被災写真
施工後の屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
マルスギ イーグルマキシム
築年数
築20年程度
建坪
15坪
保証
7年保証
工事費用
70万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_3086

屋根瓦の撤去作業、葺き土撤去作業

天然石の屋根材

香芝市で強風により破損した天然石の屋根材を火災保険で補修したいとお問い合わせを頂きました。調査に伺ったところ既存の屋根材は、割れている箇所が無数にありました。被害の状況から見て、火災保険で屋根補修を行う事が可能だと判断した為、保険申請の流れ...........

破損した波板

奈良でベランダ屋根が破損した住宅で波板修理を行いました。ベランダは洗濯物を干すスペースですので、ベランダ屋根が破損していると困ると、お客様よりお問い合わせを頂きました。波板で施工された屋根ですので、波板修理を行う事で解決させて頂きました。作...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560