オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

広陵町で屋根の下葺材(したぶきざい)ルーフィング工事


広陵町で屋根葺き替え工事をしております。

前回に屋根瓦を撤去しましたので、今回は屋根下地下葺材(したぶきざい)を貼っていく作業になります。

ルーフィングや防水紙(ぼうすいし)と呼ばれる下葺材を使用して作業を行います。

下葺材 ルーフィングを貼って行きます。

瓦撤去後の屋根下地
前回に瓦を撤去して、ブルーシートをかけて雨が入らないようにして現場を離れました。

まずはブルーシートをめくって、屋根下地を剥き出しにします。

一般住宅の多くは木材の屋根下地です。

多くの木材は雨に弱いので、雨に強い材料を下葺きに使用します。
屋根下葺
下葺きを行います。

下葺きは瓦と野地板の間に防水性の高く薄い材料を貼っていく作業です。

昔は、耐水性の高い木の皮「杉皮(すぎかわ)」や、黒いビニール状のシート「ハリトン」などが使われておりましたが、耐久性に問題がありました。

現代では耐久性を大幅に改善された、アスファルトやゴムを混ぜた「改質アスファルトルーフィング」というシートを貼って下葺きを行うのが主流です。

屋根材「ROOGA鉄平(ルーガてっぺい)」を使用して屋根を施工します。

改質アスファルトルーフィング
ルーフィングを軒先から棟(低い場所から高い場所)へ向かって、全面を多い尽くします。

正しい工法でルーフィングを貼った後は、雨が降っても雨漏りはしません

しかし、ルーフィングは紫外線にさらされると、大きく劣化してしまいます。

なので、「節約の為にルーフィングをスタイリッシュにして屋根を仕上げよう!」

というのも出来ず、必ず機能的な屋根材を施工しなければなりません。
ROOGA鉄平
今回は軽量で高機能の「ROOGA鉄平(ルーガてっぺい)」という屋根材を使用して屋根を施工します。

お客様はROOGA鉄平をした外観を気に入られました。

耐火性、耐震性、耐久性どれをとっても申し分はなく、カッコいいデザインの万能屋根材です。

しかし、他の屋根材と比較すれば金額が高いので、予算に余裕のある方には、とてもオススメ出来る屋根材です。
今回は下葺きとROOGA鉄平の施工を進めて行きました。

次回は仕上げの作業に差し掛かっていきます。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

桜井市で瓦屋根からガルバリウムへ葺き替え工事を行いました。

屋根リフォーム施工前
仕上がった板金屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板 ポリカボネート
築年数
建坪
70㎡
保証
7年保証
工事費用
110万円
施工事例

奈良市で雨漏りした瓦屋根をコロニアルグラッサへ葺き替えました

施工前の瓦屋根
コロニアル完工
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
コロニアルグラッサ
築年数
32年
建坪
24坪
保証
7年保証
工事費用
130万円
施工事例

大和高田市で雨漏りした住宅、屋根をROOGAへ葺き替え

急勾配の屋根
ROOGA雅 急勾配
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ROOGA雅
築年数
25年程度
建坪
46坪
保証
7年保証
工事費用
190万円

同じ地域の施工事例

施工事例

広陵町で棟板金が破損した住宅で棟板金交換工事を施工しました。

既存の棟板金
新品の棟板金
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築30年
建坪
70坪
保証
7年保証
工事費用
35万円
施工事例

広陵町で玄関の部分補修工事を施工しました。

施工前
施工後
工事内容
部分塗装
使用素材
ソフトリシン
築年数
35年
建坪
10平米
保証
5年
工事費用
5万円
施工事例

広陵町で築28年の住宅 モニエル瓦の屋根の塗装工事

既存の屋根状態
完成写真
工事内容
屋根塗装
使用素材
ナノシリコン
築年数
28年
建坪
約50坪
保証
1年保証
工事費用
60万円
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560