オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

河合町で棟瓦(むねがわら)取り直し工事を施工しています


河合町で棟瓦(むねがわら)取り直し工事を施工しています。

既存の棟瓦は劣化しており、風災被害により鬼瓦が落下しておりました。

漆喰により応急処置を行った後、しばらく経過しますが、棟の取り直しをさせて頂く事になりました。

作業の様子をご紹介させて頂きますので、ご覧下さい。
損傷した棟
以前の屋根の状態です。

鬼瓦と呼ばれる端部の瓦が落ちていて、棟の中の土がむき出しになっておりました。

雨漏りの可能性も出てくる為、補修の必要があります。
棟の状態
施工前の棟の状態です。

棟瓦(むねがわら)と呼ばれる屋根の頂上に1本通った瓦があります。

こちらの棟の施工方法が誤っており、鬼瓦が落ちた原因は誤った施工方法により雨水が侵入して、鬼瓦の固定に使用された銅線が切れていた事を伝えさせて頂きました。

お客様に伝えたところ、交換して欲しいと希望なされました。
応急処置
取り急ぎ、雨漏りしないように漆喰を使用して応急処置を行いました。

屋根の漆喰は土を守る為に塗られておりますので、漆喰により応急処置をする事が可能です。
棟撤去
まずは既設の棟を全て撤去します。

棟は土と銅線を使用して固定されております。

銅線を切ったり、土を破壊して棟を撤去して行きます。
熨斗瓦新設
漆喰を綺麗に並べて行きます。

従来の棟は土を圧縮して施工されておりましたが、近年は漆喰を盛る事により固定されております。

屋根に使用される漆喰は雨水に強いので、固定力も高い上に雨漏りのリスクも軽減出来ます。
熨斗新設
熨斗瓦(のしがわら)と呼ばれる瓦と、端部の鬼瓦を復旧させます。

熨斗瓦は漆喰の上に積んで行きます。

鬼瓦は銅線付きの釘を下地に打ち込み、銅線を鬼瓦の引っかかりに結ぶ事により棟と固定します。
冠瓦新設
熨斗瓦の上にさらに漆喰を盛り、冠瓦(かんむりがわら)を乗せて固定して行きます。

冠瓦は冠のように上にのせて固定します。

漆喰と銅線により固定して行きます。
棟瓦新設
仕上がった棟の様子です。

棟は屋根の中で最も雨漏りを引き起こしやすい部分です。

定期的に点検を行う事で雨漏りを防ぎ、建物骨組みへのダメージを防ぎましょう。

予め、防ぐ事により建物をより経済的に長持ちさせる事が出来ます。
before1
棟の状態
以前の棟の状態です。

詰める必要のないところまで詰め物をしており、排水がうまくいっていない状態でした。

雨水の抜け道まで塞いでしまっております。
horizontal
after1
棟瓦新設
中には漆喰が詰まっており、瓦も新品を使用しております。

単調な作りの屋根ですので、棟を変えるだけで屋根の大幅な耐久性アップを期待出来ます。
以上が今回の工事の内容になります。

もし雨漏りや屋根の状態に疑問を持ってる方がいらっしゃいましたらお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

スタッフ一同、地域の方々からのご連絡お待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

田原本町にて工場屋根の塗膜防水作業、脳天コーキング

谷樋 水たまり
谷樋 防水
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ウレアックス
築年数
40年
建坪
90m
保証
3年
工事費用
55万円
施工事例

奈良市でモニエル瓦(スレート瓦)のスラリー強化工法塗装

IMG_4082
モニエル瓦 屋根塗装_200320_0016
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
水性ナノシリコン
築年数
28年
建坪
48坪
保証
7年保証
工事費用
140万円
施工事例

奈良市でモニエル瓦の水性シリコン塗装を行いました

IMG_5751
IMG_7784
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
屋根塗装
使用素材
カスタムシリコン
築年数
25年
建坪
38坪
保証
7年保証
工事費用
34万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

スーパートライ

奈良県北葛城郡広陵町にて割れた瓦の差し替え作業を致しましたのでその模様をご紹介させていただきます。瓦は耐風、耐震、耐久、防水、施工の5大性能を実現した防災瓦「スーパートライ」です。割れた瓦を除去し、新しい瓦を現場加工して差し替えています。そ...........

谷樋

奈良県天理市にて屋根の谷樋の交換作業を致しました。屋根材を除けて既存の谷樋を撤去し、新しく設置後、屋根材を元へ戻す作業です。今回はその模様をご紹介させていただきます。

棟瓦撤去

橿原市でモニエル瓦の積みなおし作業をさせていただきました。棟瓦の銅線が切れてしまい、棟瓦が歪んでしまっていました。そこで、瓦を一度撤去し、芯木と漆喰を置き、ビスを打ち、コーキング処理をいたしました。のし瓦が残っているところは、銅線を巻きなお...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560