オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

橿原市にて屋根のカバー工法による工事をいたしました



私どもは屋根のリフォームの際、大きく分けると以下の3種類ご提案させていただいております。

・再塗装

・葺き替え

・カバー工法



ご紹介する施主様宅では、台風により棟板金が一部飛んでいってしまった状態でしたので葺き替えをご提案させていただいたのですが、ご予算の関係でカバー工法」を希望されました



カバー工法」とは既存の屋根の上に、防水シート新しい屋根材をかぶせる工事工法のことです。



屋根材には、アイジー工業さんの『スーパーガルテクト』を使用することになりました





もちろん事前にカバー工法に適しているかどうかも確認し、施主様にもメリットデメリットをお伝えした上での工事です。


カバー工法」については後ほどお話させていただきます。





それではご紹介させていただきます。




屋根のカバー工法による工事

IMG_7115-columns2



こちらが飛んでしまった棟板金があった
になります。



IMG_7111-1-columns2



他の箇所を点検しましたところ、
経年劣化による汚れが目立っていました。
IMG_7103-columns2



下屋根も汚れが浮き出てますねぇ。



IMG_7101-1-columns2



こちらは下屋根の部分で修膳をされたのが
見受けられます。





カバー工法」とは

先程も簡単に説明させていただいたように

古い屋根の上に、防水シート新しい軽い屋根材をかぶせる工事工法のことです。



どの工事でも材料でも起こりうるんですが、メリット、デメリットがございます。
今回のカバー工法」も同じくございます。。。


ではメリットから…。

・元々ある屋根材を剝がして処分と手間がかからない為、費用と工事期間を抑えられます。

・また、元々ある屋根を使用するため工事の途中で雨漏りする可能性が低くなります。

・工事中の騒音や粉塵によるご近所へのトラブルの可能性が低くなります。

・屋根が二重になりますので、遮音、遮熱、防水効果が高まります。

・遮熱効果により野地板への温度変化が少なくなるため、結露が起きにくくなり、野地板を長持ちさせることができます。




では、デメリットも…。

・野地板やルーフィングシートの劣化が激しいと施工出来ません。

・屋根が二重になるため既存の屋根より重くなります。

・屋根材がの場合は施工出来ません。

・将来火災保険を利用する場合、原則として「現状復帰」ですので、保険が適用できないケースがあります。



では、デメリットを解決するには…。

・瓦屋根の場合は葺き替えをお勧めいたします。

・雨漏りに困ってらしたら、その部分を修膳の上カバー工法にしましょう。

・重くなることを極力軽減するために、軽量な屋根材を使用しましょう。


( 現在ではたくさんのカバー工法に合う屋根材がございます。 )


・火災保険の利用は、カバー工法を施工する以前の問題にもなります。
 工事前に業者としっかり点検、お話をしていただくのが良いかと思います。





このように、今回のカバー工法だけに限らずメリットデメリットは付き物です。
一番の解決策は、施工業者選びに他ならないのです。

たくさんお話をして、分からない事は必ず聞いてください。




では、続きを見ていただきたいと思います。




IMG_7945-1-columns2



まずは残っている棟板金を全て撤去し、
屋根自体をフラットな状態にいたします。



IMG_7949-columns2



その上からルーフィングシート
張っていきます。




IMG_7956-columns2



屋根材を張る前に胴縁
ビスで止めていきます。



IMG_7958-columns2


そして
いよいよ登場の屋根材…

スーパーガルテクト

谷樋から張っていきます。


IMG_7962-columns2




軒先から順番に張りますよ。



IMG_7964-columns2




横葺きに張っています。




IMG_7978-columns2



棟部分も張れば完成です。



IMG_7980-columns2



スーパーガルテクト』が
輝いています






スーパーガルテクト』とはアイジー工業さんの屋根材です。



カタログの説明では…

『 遮熱性鋼板断熱材の相乗効果で優れた断熱性能発揮

  葺き上がりを一層引き立てる卓越した質感を誇る特殊な「ちぢみ塗装」を採用した、意匠性に富んだ屋根材 』

と書かれております。



屋根材の表面の塗装が遮熱性であり、
ポリイソシアヌレートフォームと呼ばれる断熱材が入っているため遮熱、断熱、耐久性に優れ、軽量な屋根材です。

また、遮音、防火の機能もついています。

雨水が家に入らないように工夫もされています。

ガルバリウム鋼板を改良させた新しいタイプエスジーエル鋼板です。

従来のガルバリウム鋼板の3倍超の耐久性認められているのです。



金属屋根長い方が優秀な屋根材と言われています。
このスーパーガルテクト』は一枚3メートルもあるので、継ぎ目が少なく済むので優秀です。

30cm間隔でビス打ちしてあげると耐風性能もあがります。





この様にカバー工法にも対応出来る素晴らしい屋根材なのです。














いかがでしたでしょうか。



今回は屋根のカバー工法による工事の模様をご紹介させていただきました。




私どもは、施主様と何度もお話をさせていただき、
出来るだけご要望にお応えしていきたいと思っております。

メリットデメリットしっかりと説明させていただいた上、ご納得いってからの施工を…と考えております。







最後までお読みいただきありがとうございました。






同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良で雨漏りした屋根のリフォームを行いました

屋根外観
金属立平葺き
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
JFE鋼板 極
築年数
築41年
建坪
80㎡
保証
7年
工事費用
120万円
施工事例

磯城郡三宅町で雨漏りした住宅の玄関庇の補修工事を行いました。

施工前 玄関庇
仕上がった玄関庇
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
JFE鋼板 極
築年数
30年
建坪
10㎡
保証
7年保証
工事費用
20万円
施工事例

奈良市でカラーベストのカバー工事を施工させて頂きました。

施工前の屋根
棟板金施工
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
JFE鋼板 極
築年数
約30年
建坪
55㎡
保証
7年保証
工事費用
60万円

同じ地域の施工事例

施工事例

橿原市で瓦屋根の漆喰詰め直し工事を施工しております

漆喰取り直し 施工前
美しい漆喰
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
水シャット
築年数
34年
建坪
40坪
保証
5年保証
工事費用
26万円
施工事例

橿原市でベランダのデッキ(床材)を交換工事

既存のベランダ
交換完了
工事内容
その他の工事
使用素材
積水塩ビデッキ
築年数
25年
建坪
5平米
保証
5年
工事費用
7万円
施工事例

橿原市で波板張替え工事を施工させて頂きました。

施工前
施工後
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネット波板
築年数
18年
建坪
8平米
保証
5年
工事費用
5万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ガルバリウム鋼板

奈良で雨漏りしたスレート屋根を火災保険を適応させて、屋根カバー工事を施工しております。屋根カバー工事とは、既存の屋根の上にさらに屋根を乗せる工事です。軽量の金属屋根材を乗せる事による屋根を2層にして、雨漏りを止めます。前回に下葺き(したぶき...........

防水紙荷上げ

奈良で屋根カバー工事を施工しております。既存の屋根はスレートのカラーベストで、雨漏りに悩まれて屋根カバー工事をご決断なされました。火災保険の申請も行い、少し保険金が出ましたので、思い切って屋根カバー工事を行いました。作業の様子をご紹介させて...........

施工前

奈良で火災保険を利用した屋根リフォームを着工しました。お客様は雨漏りにより悩んでおられ、火災保険による屋根リフォーム検討なされていました。火災保険申請のお手伝いをさせて頂き、保険金がおりましたので、屋根リフォームを着工させて頂きます。今回の...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560