オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大和高田市で屋根の葺き替え工事を施工させて頂いております。


大和高田市で雨漏りでお困りのお客様より下屋根の葺き替え工事とルーフバルコニーの防水工事のご依頼を頂きました。

先日の調査により下屋根とルーフバルコニーの防水層が劣化している事により雨漏りが起こっていると特定出来ました。

本日の作業は瓦の捲り作業になります。

作業の様子をご紹介させて頂きますので、ご覧下さい。
瓦捲り
瓦を職人さんが捲って行きます。

一枚ずつ手作業で捲って行きますので、時間のかかる作業になります。

瓦捲り
瓦の中には葺き土(ふきど)という土が入っており、葺き土の撤去も行って行きます。

瓦が雨水の侵入を許すと葺き土の密度が薄くなってきて、下葺材(したぶきざい)の損傷を起こす原因になります。
葺き土
葺き土の中には下葺材が敷いてあります。

下葺材は防水効果のあるものを使用する事が多いですが、数十年前の屋根ですとハリトンと呼ばれる黒いビニール状のシートが貼られてあります。

現在の屋根ではルーフィングというアスファルトとゴムを混ぜたシートが下葺材に使用される事が一般的です。

弊社が施工を行う場合は下葺材に防水効果と耐久性の高いルーフィングを使用します。

野地板
お部屋の雨染み箇所の真上部分の様子です。

下葺材の損傷が雨漏りの原因の一つだと一目で分かります。





本日の作業は終了です。

明日からは野地板(のじいた)と呼ばれる板を屋根に打ち付けて下葺材を施工して行きます。


次回の記事はこちら
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560