オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

奈良市でガルバリウム鋼板を使用した屋根のカバー工事を施工中。


奈良市でガルバリウム鋼板を使用した屋根のカバー工事を施工しております。

お客様は突風で屋根の瓦が落ちてきた事がきっかけで屋根工事をご決断なされました。

様々な種類の屋根工事の中からスーパーガルテクトを使用した屋根のカバー工事の施工をお任せ頂きました。

本日の作業は棟板金(むねばんきん)新設作業になります。

作業の様子をご覧ください。
抜き板新設
棟板金を新設する為に、まず抜き板(ぬきいた)という角材を屋根の継ぎ目にステンレスのビスで打ち込みます。

ステンレスのビスで打ち込むことにより、ビス部分の錆や抜けを防止します。
防腐剤入り角材
抜き板に棟板金をビスで固定する事によって棟板金は施工されます。

抜き板は湿気などで腐食しやすく、腐食するとビスや釘などの固定具が利かなくなります。

ですので、防腐剤を塗ってある角材を発注して抜き板に使用します。


防水紙施工
抜き板の上に防水紙と呼ばれる防水性能の高いシートを施工します。

抜き板に防水紙を施工しない屋根業者さんが大半を占めますが、より強力な施工になるように弊社は防水紙を使用します。
ウォーターガード
スーパーエアテックスKD30という透湿防水シートを使用しています。

柔らかさ、耐久性、作業性に定評があり、建築物のカビや腐食を抑える下葺材です。

紫外線にも強いので、棟板金の下葺材に使用しております。
棟板金新設
棟板金新設の様子です。

ジョイント部から雨水が侵入しないように下から順番に施工して行きます。

棟板金の側面からステンレスのビスでを打ち込み、抜き板と棟板金を固定します。
棟板金完工
棟板金の施工が完了しました。

以上で屋根工事が完工しましたので、ビフォーアフターの写真をご紹介させて頂きます。
before1
施工前
施工前の写真です。

こげ茶色の屋根が色あせと汚れで赤黒く変色しておりました。

瓦の劣化が激しく、上を歩くと『ミシミシ』と音がなっておりました。
horizontal
after1
完工写真
施工後の写真です。

金属で出来た屋根とは思えない景観がスーパーガルテクト横葺き(よこぶき)施工の特徴です。

経済的で機能性も充実していますので、数十年はお客様に快適に暮らして頂けると思います。

備考

本日は以上です。

後日に足場解体をさせて頂き、保証書等を発行してお持ちさせて頂きます。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_7115

私どもは屋根のリフォームの際、大きく分けると以下の3種類をご提案させていただいております。・再塗装・葺き替え・カバー工法ご紹介する施主様宅では、台風により棟板金が一部飛んでいってしまった状態でしたので葺き替えをご提案させていただいたのですが...........

IMG_7843-1

奈良県橿原市にて「雨樋」の交換工事をさせていただきました。「雨樋」とは、雨が降ったときに屋根からの雨水を集め、地面にまできちんと流したり、水の侵入により建物へのダメージを防ぐ大切な役割があります。後ほど「雨樋」についても少しお話したいと思い...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560