オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

奈良市で下屋根の屋根リフォームを施工させて頂きました。


下屋根の新設作業





今回は下屋根の新設作業をご紹介させていただきます。


始めに…


私どもの不手際により、大屋根の工事中に道具を下屋根に落としてしまいました。

その際、下屋根の瓦を3枚割ってしまい施主様にはとんでもないご迷惑を掛けてしまったのです。。





施主様とお話させていただいたところ、大屋根だけでなく下屋根からも雨漏りをしているとの事…



この下屋根部分は保険を使いコロニアル瓦で葺き替えるに至りました。

雨漏りを防ぐには最適案だったと思います。
保険会社には申し訳なかったのですが、タダで直せると施主様には喜んで頂けました。



とても複雑な心境でしたが…喜んでもらえ雨漏りも直ったので良しとしましょうか…。





以後一層気を引き締めなおして作業に取り掛かりました。







前置きが長々としてしまいまいたが、早速作業風景をご紹介させていただきます。












IMG_6181-columns2


これが割れてしまった3枚の瓦です…

私どもには戒めの写真でございます。。


IMG_6609-1-columns2



こちらの下屋根部分を新設していきます。



IMG_7752-1-columns2


まずは瓦を一枚ずつ剝がしていきます。

瓦一枚3㎏近くあるのです。
ジムに通う必要なしです
IMG_7754-columns2


全ての瓦を撤去すると、葺き土が出てきます。

ではこれも撤去していきましょう
IMG_7755-columns2


この様に袋に詰めて降ろしていきます。

野地板が見えていますね…
IMG_7757-columns2



野地板の劣化が見られます…
雨漏りの原因です

細かい葺き土も綺麗に撤去いたします。



IMG_7759-columns2


本日の作業はここまでになりましたので
晴天とわかりつつも
念の為
ブルーシートを張って帰らせていただきます。
IMG_7761-columns2


さて次の日…
まずは野地板を上から張らせていただきました。



IMG_7765-columns2


そして…
ルーフィングシートを張ります。


IMG_7768-columns2


今回の下屋根は
コロニアル瓦を使用いたしました





少しコロニアル瓦についてお話させていただきます。

コロニアル瓦とは
セメント基材とパルプ繊維の強固な結合で生み出された素材でできた瓦のことです。
コロニアルとはケイミュー株式会社(旧クボタ松下電工外装株式会社)の商品・ブランド名が一般名称になりつつあるのです。

カラーベスト」や「スレート瓦」とも呼ばれます。



コロニアルは薄い板のスレート瓦に分類され、薄型(化粧)スレート瓦」とも呼ばれます。


が、、、スレート瓦とあまり呼ばなくなった背景にアスベストが関係しているようです…。


スレート瓦も古くからあり、昔の主成分は石綿…そう…アスベストでした

そのせいか、『スレート瓦アスベスト』と思われてしまいがちなのです。

現在では、平成24年の改定でアスベストは一切使用は禁止されておりますので、どうかご安心してください。




さて、このコロニアル瓦特徴としましては、粘土瓦よりも軽量耐震性も高く、安価です。
カラーバリエーションも豊富で工期も短くて済み、太陽光発電システムも設置出来ます。

しかし、劣化によりコケやカビも生えやすく耐久性低くなります。
しっかりメンテナンスいたしましょう。


コロニアル屋根の耐用年数は20〜25年と言われています。
お値段以上の品なのです…
点検の際にはまたご相談下さいませ。




それでは出来上がりを見ていきましょう






IMG_7832


いかがでしょう


大屋根の材料にはいぶし平板瓦を使用しておりますので、
それに近いお色を選ばせていただきました。

これで仕上がりました。




いかがでしたでしょうか。

今回は下屋根の新設工事の模様をご紹介させていただきました。



コロニアルも現在はアスベストに代わる補強用の超微粉末剤によって、強い粘り耐久性が認められております。

2004年以前コロニアル屋根を使用されている方は出来るだけ早く、お近くの信頼できる屋根やさんに相談されることをお勧めいたします。




最後までお読みいただきありがとうございました。









同じ工事を行った施工事例

施工事例

葛城市にて屋根の葺き替え工事(ROOGA雅)

日本瓦
rooga雅
工事内容
屋根葺き替え
地震
使用素材
ROOGA雅
築年数
70年程
建坪
300坪
保証
7年間
工事費用
359万
施工事例

奈良市にて外壁塗装と屋根のリフォーム工事

平板瓦
スーパーガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
外壁塗装
部分塗装
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
50坪程度
保証
屋根7年保証・外壁5年保証
工事費用
470万円
施工事例

奈良市にてROOGA雅への葺き替え工事をさせていただきました

T様邸 施工前
T様邸 完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ROOGA雅
築年数
築31年
建坪
30坪
保証
7年保証
工事費用
190万円

同じ地域の施工事例

施工事例

奈良市にてハイツのカバー工法による外壁工事

外壁サイディング
ガルバリウム鋼板
工事内容
防水工事
アパート・ビルなどの外装リフォーム
その他の工事
使用素材
ガルバニウム鋼板
築年数
建坪
200坪
保証
5年間
工事費用
420万円
施工事例

奈良市にて雨樋交換工事をいたしました

雨樋
アイアン丸
工事内容
雨樋交換
使用素材
アイアン丸
築年数
30年
建坪
30坪
保証
5年間
工事費用
16万円
施工事例

奈良市にて外壁塗装と屋根のリフォーム工事

平板瓦
スーパーガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
外壁塗装
部分塗装
足場
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
40年
建坪
50坪程度
保証
屋根7年保証・外壁5年保証
工事費用
470万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下屋根アスベスト含有

奈良県橿原市にてアスベスト含有のコロニアル屋根からケイミュー社のコロニアルクァッドに葺き替えいたしました。その模様をご紹介させていただきます。後ほどアスベスト含有屋根についても少しお話もさせていただきます。それでは早速見ていただきましょう。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560