オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

JFE鋼板 極み-MAX-で屋根のカバー工事を施工しています。


JFE鋼板 極み-MAX-で屋根のカバー工事を施工しています。

前回に下葺きの記事を紹介させて頂きましたので、今回は屋根の上葺きの様子をご紹介させて頂きます。

施工の様子をご覧下さい。
IMG_8989-columns2
屋根材の搬入を行います。

全体に屋根材を配り、作業性を高めます。

予め寸法を測り、加工したものですので、全ての材料が屋根の頂上から軒先(のきさき)までの寸法で加工されております。

ガルバリウム鋼板
一枚一枚端から重ねて屋根を施工して行きます。

屋根の頂上から先端まで一枚の板金で接合部がない為、雨漏りに強い屋根材になります。

横の接合部を重ねて葺いて行きますので、横の接合部もからの雨漏りのリスクもほぼ0と言っても良いでしょう。

従来の板金屋根は錆による穴あきがデメリットと言われていましたが、メーカーが穴あき25年保証をしている材料ですので、穴が空くリスクもほとんどありません。


メンテナンスいらずの非常に優れた屋根材です。

板金屋根カバー工事
板金は加工の自由度も高い為、折り曲げたり切ったりして扱う事が出来ます。

屋根のカバー工事の施工方法を応用した板金カバー工事も多数あります。
抜き板施工
屋根材の見栄えが完成しますと、棟板金(むねばんきん)の施工を行って行きます。

抜き板という木材を設置して行きます。



抜き板施工
抜き板は専用のビスを使用して、元々の瓦に打ち込む事で固定します。

抜き板は棟板金を固定する為に大切な役割を果たします。

ウォーターガード施工
抜き板という木材の上に防水紙と呼ばれるシートを敷いて行きます。

抜き板が雨水や湿気で腐ると、棟板金を固定する為のビスや釘が抜けてしまいます。

抜き板の腐食を防ぐ為にこの工程を行います。

以上が今回の工事になります。

次回からは屋根の仕舞い(しまい)と呼ばれる仕上げ作業になります。


下葺材施工の様子はこちら
仕上げ作業の様子はこちら

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_7115

私どもは屋根のリフォームの際、大きく分けると以下の3種類をご提案させていただいております。・再塗装・葺き替え・カバー工法ご紹介する施主様宅では、台風により棟板金が一部飛んでいってしまった状態でしたので葺き替えをご提案させていただいたのですが...........

IMG_7843-1

奈良県橿原市にて「雨樋」の交換工事をさせていただきました。「雨樋」とは、雨が降ったときに屋根からの雨水を集め、地面にまできちんと流したり、水の侵入により建物へのダメージを防ぐ大切な役割があります。後ほど「雨樋」についても少しお話したいと思い...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560