オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

あやめ池北で風災被害にあった住宅の現場調査を行いました。


あやめ池北で風災被害にあった住宅の現場調査を行いました。

被害は棟板金の一部が飛んでいて中の角材がむき出しになっている状況でした。

調査の内容をご紹介させて頂きますので、ご覧下さい。
飛んだ棟板金
落ちた棟板金の様子です。

緑色に塗装された棟板金が被害により飛ばされておりました。
飛んだ抜き板
棟板金を固定する為に使用された抜き板(ぬきいた)と呼ばれる角材です。

腐食して固定力が弱まっていたようです。

棟板金の被害箇所
実際に被害にあった屋根の状況です。

数年前に一度、屋根塗装を行ったと仰られておりました。

塗装後ですので、瓦自体に大きな損傷はありませんでした。

しかし塗装には防水効果がありません。

棟板金が飛んでいるという事は雨水が棟から侵入して、抜き板を腐らせた可能性が高いです。


抜き板が腐り、棟板金を固定している釘が抜けたのが、被害の原因です。

応急処置
飛んだ棟板金全てをお客様が管理なさっていましたので、応急処置で固定をした様子です。

釘を上から打ち込み、コーキングで釘部分を処理しております。

応急処置はしておりますが、使用している抜き板が腐食しておりますので、釘が抜けるのは時間の問題です。

棟板金と抜き板の交換を提案させて頂きました。


施工の記事はこちら

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560