オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の応急処置をご希望の方へ


今回は屋根の応急処置をご希望の方へコラムを書かせて頂きます。

皆様はブルーシートのかかった屋根を拝見された事はありますか?

ブルーシートがかかった屋根は雨漏りしていたり、屋根瓦がずれていたり何らかの症状を抱えている住宅の応急処置後の様子になります。

それではブルーシートがかかっている住宅の一例を紹介させて頂きます。
応急処置後の屋根
こちらがブルーシートがかかった屋根になります。

ブルーシートの上に重りを乗せてブルーシートが飛ばないように固定して、雨水が問題部分に当たるのを防いでいます。

しかしこのまま放置しておくと、重りを乗せているとはいえ、ブルーシートが台風で飛ばされたり、劣化して穴が空いたりしますので、工事を始めるまでの応急処置だと考えて下さい。


足場組立
ブルーシートで応急処置された住宅はまもなく工事が始まります。

今回は屋根の頂上の棟瓦(むねがわら)が強風によりズレて雨漏りを引き起こしたため、棟瓦の葺き直し工事を行いました。
棟瓦葺き直し
既存の棟瓦の瓦素材を使用し、雨漏りを止める方法の一つです。

新しい瓦を使用せず、元々の瓦を使用して棟瓦の下地のみを取り換えますので、棟の取りかえ工事に比べると、少し安価な工事になります。
このように雨漏りを引き起こしたり、瓦がズレている住宅では工事までの期間の間にも雨漏りを繰り返します。

雨漏りを繰り返すと下地木材や骨組みが腐食して、下地からの交換や骨組み部分の交換が必要になってくるリスクも出てきます。

雨漏りは症状が悪化すればするほど、修理の費用が高額になってきます。

それを防ぐ為に緊急でブルーシートが貼られています。

屋根の不安を抱えられている方がいらっしゃいましたら、応急処置のみの対応でもさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

ご愛読有難う御座いました。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560