オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の縁の下の力持ち下葺材のご紹介


今回は屋根の縁の下の力持ち下葺材のご紹介をさせて頂きます。

防水紙とも呼ばれる下葺材は屋根瓦の下に施工されているシート状の材料です。

瓦内部に侵入した雨水を建物の外側に流す役割をしています。

実質雨風から住宅を守っている一番の働き者です。

そんな下葺材の特色や種類をご紹介させて頂きます。
ニューライナールーフィング
防水性・耐久性共に最高級品質を誇る下葺材です。

改質アスファルト層を不織布と原紙で挟み込む事で、改質アスファルト本来の性能を十分に発揮します。

表面に防滑特殊塗料を使用している為、滑りにくいので施工もしやすい欠点のない材料です。
ライナールーフィングラムダ
ライナールーフィングの表面を硬物質粉粒仕上げにした商品です。
ホームルーフa
強度・釘穴シール性・温度適応性・防滑性に優れた信頼性の高い屋根下葺材です。
ライナールーフィング500
谷などの雨水が集中する部分や、立ち上がりなど下葺材が折れやすい部分など、雨仕舞い上の弱点となりやすい場所に増張材として使用します。

強度・柔軟性・耐久性に優れた、増張専用ルーフィングです。

備考

今回はコストパフォーマンスが高く、人気が高い「LRシリーズ」の商品をご紹介させて頂きました。

次回は張り直し可能な遅延粘着仕様や遮熱性能のある「タディスシリーズ」をご紹介させて頂きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560