オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根だけではない雨漏りの可能性がある場所


今回は屋根以外に雨漏りをする可能性が高い場所に付いて考えて見たいと思います。

屋根は瓦がズレたり割れたりしているとまともに雨が掛かりますので当然屋根内部に水が浸入して行きます。
ですが、水の性質を考えると水はどんなに細くて小さな隙間でも隙間があれば浸入可能です。
また隙間が細くて小さいほど奥へ奥へと入り込んで行きます。

そして雨は必ず上から下の方向にしか降らない訳ではありません。
風が絡むと横なぶりの雨が降り風が強いと雨の降る方向はランダムになります。

そう考えると外壁や建物全体に劣化や破損があると雨漏りの可能性も出てきます。
では外壁ではどのような場所がか劣化しやすく隙間が出来やすいかです。
写真と共に見て行きましょう。

屋根以外にどんな所に雨漏りの危険性があるのかな?

コーキング割れ
これは外壁と外壁のジョイント部分のコーキングの写真です。

大体の住宅は外壁が一枚ではなくボードなどを張り合わせて出来ています。
その際継ぎ目になる部分をコーキングで仕上げます。

外壁とコーキング部分の劣化速度には差があり、外壁は無事でもコーキング部分が割れたりボロボロになってしまう事があります。

もちろんコーキングも寿命は永久ではないので劣化具合でメンテナンスが必要です。

割れた状態で放置すると横なぶりの雨などが降れば雨が外壁の内部に侵入して行きます。
内部に溜まった雨で建物が傷んで行き大げさな工事が必要になってしまう前に早期のメンテナンスを行いましょう。
ベランダ立ち上がり部分割れ
こちらベランダの防水立ち上がり部分です。

ひび割れてしまっています。
地震などが影響してこの様な状態になってしまう事が多々あります。

ベランダは上にルーフがある所も多いですがルーフ付いていても雨が降った後にベランダを見るとビショビショになっています。

と言うことは写真の様に割れていたりすると壁伝いに流れる雨水が中に入り建物内部に流れたり建物の劣化の早める危険性があります。

外壁割れ
ジョイント部分でもなく外壁が割れている事も稀にあります。
こちらも早期に発見し対応する事が大切です。
ひどい外壁の割れ
こちら外壁の劣化がひどく応急処置をした住宅です。

一時的に割れている部分を埋めるこは可能ですが、今以上に割れが進行する可能性は充分あるので対応が必要です。

備考

以上のように屋根以外の雨漏りの可能性がある所紹介致しました。

家は一度建てれば永久不滅ではありません。とは言え工事など簡単に決断出来る事でもありません。
ですが家の事を気に掛けて劣化を早期で発見し、早めの対処をする事で大きな工事を免れて、いつか行う大きな工事を計画的に余裕を持って迎えることが出来ます。

早期に対応すれば工事費用も格段に抑える事が出来ます。
工事に掛かる時間や手間も抑えられます。

家の事に関しては早めの対応が重要です。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560