オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大和高田市であった屋根損傷の事例


大和高田市で実際にあった瓦の損傷事例をご紹介させて頂きます。

カラーベストと呼ばれる屋根材を使用しておりますが、雨風などによりメンテナンスを怠ると欠け落ちてしまいます。

どのように劣化して割れているかを写真を交えて解説させて頂きます。
瓦が欠けた
こちらが欠けた瓦の様子です。

この瓦はカラーベストと呼ばれる瓦でセメントで出来ております。

10年程に一度塗装をする事で30年以上瓦としての機能を保てると言われておりますが、メンテナンスを怠ると瓦がひび割れたり欠け落ちたりします。

人に当たると危険ですので、ひび割れを見つけましたら必ずプロの業者に診断してもらいましょう。
瓦の落ちた部分
アップの写真です。

下り棟(くだりむね)板金部分も風により変形しております。

屋根の板金部分は強い風が吹くと飛ばされやすい箇所になります。

板金が飛んでしまったり変形しますと、雨漏りの原因になる上、近隣の方の住宅を損傷したり、人に当たったりする事もあります。

10年に一度メンテナンスを行い、健康な状態で住宅を保ちましょう。
板金の破損
瓦の下地にはアスファルトルーフィングという下地材が敷かれております。

防水紙と呼ばれることもある程、防水効果の高いシートですが、度々雨風にさらされると劣化して穴が空いて雨水が住宅に侵入してしまいます。

板金の破損アップ写真
急勾配(きゅうこうばい)と呼ばれる傾斜の強い屋根は雨水が排水されやすい為、通常は雨漏りを引き起こしにくいと言われております。

しかし風は強く受けてしまいますので、板金部分は損傷しやすくなっております。

瓦を差し替えて、板金と角材を交換する事で応急処置が出来ますが、1か所損傷しておりますので、他の部分も塗装工事をして健康な状態にしてあげましょう。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560