オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

塗装は大きく分けて手塗り塗装と吹き付け塗装があります


塗装方法には大きく分けると二つのパターンがあります。

吹き付け塗装と手塗り塗装があり、どちらも既存の外壁状態や仕様によって施工方法が異なります。

手塗り塗装とはローラーや刷毛を使用して手作業で塗装をする方法です。
基本的には既存の外壁の模様や柄をそのままに色や塗膜を付けて行く施工方法です。
(ローラーにより模様を変更できる塗装方法も存在します。)

吹き付け塗装とは機械を使用して塗料を風圧で外壁に吹き付ける塗装方法です。
主に塗料に細かい砂や石を含む塗料での塗装やモルタルなどの壁に模様を付ける塗装を吹き付け塗装で行います。
または住宅ですと鉄製の雨戸などを吹き付けで塗装をする事が多いです。

実際に手塗りと吹き付けがどのような感じなのか写真で見て行きましょう!

吹き付け塗装

吹き付け塗装中
細かい石や砂が入った塗料を吹き付け塗装しています。

手元にあるのはガンという道具で機会から送られてくる圧でガンに入れた塗料を噴射します。

石などが含まれている塗料はローラーなどで塗布するとムラになったり片寄りが出来る事が多く、吹き付けで行う事が多いです。
リシン壁
吹き付け塗装でよくある模様の一つでリシンとい塗料で吹き付けされた壁です。


IMG_0735
モルタルの外壁にボンタイルという下地剤を玉状に吹き付けて模様を作る吹き付け塗装です。

模様を付けて乾燥させたらローラーで仕上げ剤を塗布します。
ボンタイル吹き付け
塀のボンタイル吹き付け塗装です。

仕上げ剤の塗料で塗装をして仕上がります。
雨戸吹き付け
こちらは雨戸の吹付けです。

白の雨戸を新たな白で塗装しています。
既存の雨戸
既存の雨戸は完全に艶が飛んでしまっています。
施工後の雨戸
塗装した雨戸です。

色艶が蘇り雨戸がコーティングされました。
刷毛で塗装をした場合は軽く刷毛目が出てしまう事がありますが吹き付けはムラ無く綺麗に塗装が出来ます。

手塗り塗装

ローラー手塗り
ローラーでの手塗り塗装です。

外壁のほとんどをローラーで手塗りをしてローラーでは塗装出来ない部分は刷毛を使用します。
刷毛作業
刷毛での作業です。

ローラーでは塗布する事が出来ない所は刷毛で手塗りします。
主に狭い所や細かい部分に刷毛を使用します。
ローラー仕上げ
ローラー仕上げの外壁です。

主に既存の壁の模様などを残して塗装が出来ます。

備考

最近では吹き付け仕上げの住宅は少なくなりサイリングボードなどの住宅が多くなって来ています。

主に吹き付け塗装をするのは元の壁が吹き付け仕上げの住宅が殆どです。

サイリングボードなどの住宅を塗り替えする際は手塗りで行うのが殆どです。

住宅の仕様によってこの様に施工方法が異なり、大きく分けて吹き付けと手塗り塗装があるという事を説明させて頂きました。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560