オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

定期的に塗装が必要な瓦の一覧


瓦の中には定期的に塗装をする事により本来の機能性を耐久性を維持する瓦があります。

どういった瓦は塗装が必要で、塗装をする事によりどういったメリットがあるのかをご紹介させて頂きます。
洗浄前後の比較写真
まずはモニエル瓦と呼ばれる数十年前に流行した瓦です。

今は廃版になったこの瓦ですが、塗装が必要な瓦の一つです。

セメントで出来ていて厚みがある為、ひび割れに強く耐久性の高い瓦です。

しかし雨風の影響を受けて割れてしまうと、差し替える瓦を入手する事は極めて困難です。
屋根仕上がり
塗装を工事をする事によりひび割れが出てくる前にコーティングをして、雨風から瓦を守ってあげましょう。

メンテナンスは7年~10年に一度行うのがベストです。
施工前
スレート和瓦です。

形状は一般的な陶器和瓦とよく似ていますが、原材料が異なりセメントで出来ています。

陶器和瓦より安価なスレート和瓦は、塗装工事が必要な瓦になります。
施工後
一般的な日本瓦に比べ耐久性に劣り、他の瓦に比べ耐震性に劣っていて現在では目立ったメリットのない瓦ですので、葺き替えの検討も視野に入れる事をオススメします。

メンテナンスは10年に一度行うと良いでしょう。
IMG_1455
スレート瓦と呼ばれる瓦です。

こちらもセメントで出来ており、塗装をする事によって機能性を保ちます。

厚みが薄く軽量の為、ひび割れは起こしやすいですが耐震性に優れております。
屋根仕上がり
遮熱塗装をする事により断熱性を向上させたり、瓦が劣化してきますと屋根のカバー工法という工事も出来る器用な瓦です。

カバー工法とは既存の屋根の上から板金の屋根を被せるように葺く工法をいいます。

メンテナンスは7年に一度行いましょう。

備考

他にも数種類御座いますが、上記の3種類が一般的な住宅に用いられている形状の瓦です。

皆様の瓦は定期的にメンテナンスを行っていますか?

塗装工事を長らくしなかった場合、本来の瓦の寿命とは関係なく葺き替え工事が必要になるケースが御座います。

もし心当たりのある方は瓦の点検を行いましょう。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560