オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

台風の多い島産まれの沖縄赤瓦(琉球瓦)


本日8月23日現在近畿地方にも台風20号が上陸しています。

台風が多くなる時期です。各地では様々な台風対策、台風による被害に注意が必要です。
日本で最も台風の上陸が多い地域は皆様もご存知の通り沖縄県です。

そんな沖縄ではどの様な台風対策が行われいるでしょうか?

住宅を守る一番の役割を担う屋根!沖縄の住宅の屋根は独特な景観、沖縄ならではの特徴的な赤い瓦の屋根が見られます。
そんな特徴的な屋根には沖縄県産の赤色の釉薬瓦が使用されています。

名称は沖縄赤瓦、琉球赤瓦と言います。

そして沖縄赤瓦を使用した屋根の施工方法には沖縄独特の台風対策が施されています。
沖縄赤瓦景観1
沖縄赤瓦景観2
平瓦(女瓦)
丸瓦(男瓦)
沖縄赤瓦の施工方法は瓦には女瓦と男瓦があります。

まずは女瓦(平瓦)を並べて、女瓦の左右の継ぎ目を男瓦(丸瓦)で覆い被せます。
そして台風の強風や暴雨にも耐えれる様に瓦どうしの隙間を漆喰で塗り固めて仕上げます。

これにより沖縄の屋根は赤瓦と漆喰の白が沖縄ならでは美しい景観を演出しています。
そして強風で瓦が剥がされる事も無く、雨が屋根内部に浸水するのを防いでいます。

以上、沖縄赤瓦の紹介でした。
台風による被害に充分ご注意下さい!
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560