オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

簡単で分かりやすくモニエル瓦のスラリー強化工法を説明


このモニエル瓦の塗装方法を説明する記事がネット上には多く存在しますが、専門用語の詰まった難しい記事が殆どです。
プロでない限りお客様がそこまで難しい内容を理解する必要はありません。
要するにモニエル瓦の塗装にはどのような事が重要なのかを理解して頂ければ良いかと思います。

そこで当ページでは簡単に分かり易く説明をさせて頂きます。


モニエル瓦屋根のメンテナンスで塗装をしていただく際は通常の塗装方法ではいけません。
モニエル瓦にはスラリー強化工法という施工方法が必要です。

瓦の表面には特殊なコーティングが施されています。
それをスラリー層と言います。

スラリー層が劣化するとコーティングは脆くなり粉を噴いたような状態になります。
まず、ここで重要なのが脆く劣化したスラリー層を高圧洗浄で丁寧に剥がし処理をします。

そして通常の屋根塗装なら下地剤のシーラーを塗布して上塗り剤を塗布して行くと言う流れで塗装をして行きますが、通常通りの塗装では早ければ1~2ヶ月で塗装が捲れや浮いて来てしまいます

モニエル瓦は塗装出来ない瓦と言われている程でした。
しかし、そのモニエル瓦を塗装可能にしたのがスラリー強化工法です。

スラリー強化工法での作業の様子を紹介させて頂きます。

スラリー強化工法

高圧洗浄
まずは丁寧に高圧洗浄を行います。

この時に脆くなったスラリー層を剥がすイメージで洗浄して行きます。
強化プライマー塗布
そしてこちらがスラリー強化工法のメイン。
スラリー強化プライマーの塗布です。

強化プライマーにより剥がれたスラリー層を強化する事により塗装可能な状態を実現します。

たっぷりと塗布する事が重要です。
強化プライマー
こちらがスラリー強化プライマーです。

硬化剤と主剤を混合させ水で希釈します。
浸透性に優れた特殊な強化プライマーがスラリー層を補強します。


強化プライマー塗布後
上部分がスラリー強化プライマーを塗布して乾いた部分です。
しっかり浸透し瓦の表面に艶感があり補強されているの分かります。
上塗り剤塗布
強化プライマーを塗布して充分に乾燥させ屋根用塗料で仕上げて行きます。
屋根塗装完了
仕上りの写真です。

ムラ無く綺麗に仕上がっています。
艶もありしっかりと塗膜が密着しています。

備考

つまりスラリー強化工法とは劣化し脆くなったスラリー層を除去し、専用のスラリー強化プライマーでスラリー層を補強・強化する工法です。

モニエル瓦の塗装にはスラリー強化工法が必要だと言う事です!
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560