オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

カバー工法って何?



カバー工法




『カバー工法』ってご存知でしょうか。








簡単に言えば今ある屋根の上から新しい軽い屋根材をのせるのですが、



色々条件もあります。




また、全ての屋根に出来る訳でもありません。




現在の『カバー工法』について知っていただきたいと思います。








屋根カバー工事



『カバー工法』は、



ルーフィングシート(防水シート)を張っていく事から始まります。



その上に新しく軽い屋根材を葺いていくのです。






『カバー工法』


既存の屋根の上から新しい屋根材を葺いていくので、


撤去処分費用や工期の短縮になり


コストカットに繋がります。



特にアスベストを含有している屋根材は専門知識を有し、


慎重に対処しなくてはなりません。


撤去費用も高くなります。



『カバー工法』にすることで、アスベストの飛散防止にもなります。



( ただし、いつかは葺き替えをお勧めいたします。 )





また、工事途中でも屋根を残したままの施工になるので


雨漏りの可能性も低くなります。



工事中のホコリや騒音が低くなるため、


ご近所の方への配慮にもなります。




屋根が二重になるため、遮熱効果があり


それによって結露に弱い野地板の持ちも良くなります。



二重屋根は遮音効果もあります。













瓦屋根のように凸凹の屋根には出来ません。


そもそも瓦屋根は重量があるため更に重くするのは耐震性に問題アリです。




また、


下地材の劣化が激しい場合も出来ません。


野地板防水シート傷んでいる場合は迷いなく葺き替えをお勧めいたします。



雨漏りしている屋根も出来かねます。



雨漏りしているということは、ほとんどの場合


下地材の損傷も見られるからです。



そこはしっかり点検をしてみて問題が無ければ大丈夫です。







屋根が二重になるということは現段階よりも少なからず屋根が重くなります。



それに耐えられる強度の建物であることが必須です。






台風や地震や施工不良などで大きな損傷を受けた場合


再度『カバー工法』での施工は出来ません。




その時は必然的に葺き替え施工になります。


その場合、屋根二つ分の撤去費用がかかってしまいます。





火災保険を使用する場合、


適用は現状復帰を目的としたものが多く、


『カバー工法』の場合は適用されない場合があります



ご自身の入っている保険会社に確認をしてみましょう。






スーパーガルテクト
ガルバ




『カバー工法』での施工をするにあたり



新しい屋根材は軽量な金属屋根を選んでいただきたいのですが、



金属屋根にも沢山の種類がございます。



その中でも現在の私のオススメは、



アイジー工業の『スーパーガルテクト』シリーズ


です。



ガルバニウム鋼板という軽量な金属屋根の進化版です。




ガルバニウム鋼板マグネシウムを含むことで


防錆力を強化し耐久性を高めています。



その上、


上記の右画像の様に


金属の中に断熱材が入っています。



その為、遮熱性・断熱性にも優れ軽量です。


( 例えば、和瓦の場合で1㎡あたり50kgだとすると、スーパーガルテクトはその10分の1の重さである5kgです。




金属屋根は薄く雨音など気にされる方もいらっしゃいますが、



断熱材が入っていることで遮音性にも優れています。




before1
屋根カバー工事 施工前
horizontal
after1
屋根カバー工事 施工後



いかがでしたでしょうか。



少しは『カバー工法』についてご理解いただけましたでしょうか。





「自分の家の屋根は出来るだろうか…」




色々疑問に思うことがあればいつでもご相談くださいませ。



点検、見積りは無料です。



まずはお問い合わせくださいませ。









少しでもお役に立てれば光栄です。



ありがとうございました。





信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560