オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

住宅メンテナンス


現場調査
皆様は今お住まいになれている住宅をメンテナンスされた事は御座いますか?

住宅のSOSに気づいた事はありますか?

築年数にもよりますが大よそ新築ですと10年くらい経つと何処かに劣化の症状が出て来ます。
古くからの家ですとメンテナンスした覚えが無ければ、ほぼ何処かには劣化の症状が出ています。

女性で言えばお肌の手入れを疎かにすると歳を重ねる度に気になる所が増えてきます。
男性で言えば車やバイクをほったらかしにすると動かなくなったり、バッテリーが上がってしまい交換になります。

それは住宅にも共通する事です。

必ず劣化してくる場所、劣化が速い場所などがあり、速目のメンテナンスが出来れば次の世代へも良い物を残せます!

住宅メンテナンス
住宅の比較的劣化の早いポイントを紹介致します。

劣化しやすい場所

瓦のひび割れ
薄型瓦のひび割れ。


屋根にコケ
屋根、外壁のコケの発生
漆喰部分の剥がれ
漆喰部分の劣化、剥がれ。
目地コーキング断裂
外壁の目地部分のコーキングの劣化、断裂。

備考

薄型瓦は経年劣化してくるとひびが入りやすいです。
塗膜が劣化し雨や日差しで伸縮し風に煽られダメージを受けます。

屋根や外壁の特に北面にコケが発生しやすく、コケは水分や湿気を含んでおり屋根や外壁を腐食させます。

屋根の漆喰部分も月日が経過すると密着が弱まり、剥離してきます。
ほって置けば後々瓦のズレや雨漏りに繋がります。

外壁のコーキングも劣化しやすいです。
劣化したまま長期間ほって置くと壁の内側にもダメージを与えます。

この様に緊急性が無くても少しずつダメージは受けていきます。
速目の対応がダメージを最小限に抑え住宅を保護します。

皆様の速目のメンテナンスを心掛けてください。
リフォーム手帳など付けておくと余裕を持って計画的にメンテナンスを行えるのでお奨めです。

何でも速目の対応を出来るのが出来る男や女と呼ばれる世の中ですね。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560