オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

自宅のスレート瓦は割れていませんか?


スレート瓦屋根の住宅にお住まいの皆様、ご自宅のスレート瓦にヒビ割れや破損してる部分はありませんか?

日々のお客様からのお問い合わせで多々耳にするのが瓦の割れに関するご相談です。

ベランダで洗濯物を干している時などに不意に下屋根を見ると瓦の割れを発見したり、庭や敷地内で瓦の割れた破片を見つけたと言うご相談を頻繁に頂きます。
特に割れや破損のご相談が多いのはスレート瓦です。

ではなぜ、そう言った割れや破損が発生してしまうのかを少しご説明させて頂きます。

なぜ瓦は割れるの?

スレート瓦割れ
実際に割れているスレート瓦の写真です。

割れや破損の原因は経年劣化により瓦が傷んで脆くなると少しの衝撃や暴風などで割れてしまう事があります。
主に台風が来ると割れてしまう状態の住宅も少なくはありません。

ですが原因は他にある場合も御座います!

例えば何らかの工事を依頼し業者さんが屋根に上った時などに割れている場合もあります。

アンテナ工事や太陽光工事などをされた時に業者が瓦を割ってしまうと言う可能性もあります。
それを申告されずに工事が終了し数ヶ月、数年後に割れていた瓦が落ちて発見させるなんて話もあり得ます。

劣化し傷んでいる瓦は踏み所が悪いと簡単に割れてしまう事があります、ですのでそう言った工事の際に瓦が割れてしまう事は充分にあり得ます。

また、新築工事の時ですら瓦に釘を打ち込む際などに割れてしまった瓦をそのままに工事を終了する業者が少なからず存在するのも事実です。
スレート瓦の素材にはセメントなどが含まれており丈夫ですが薄く平たいので工事をする際の扱いは慎重に行わなければなりません。
瓦の割れ補修
割れている部分の応急処置の写真です。

瓦が割れていると言う事は少なからず雨が降ると屋根内部に雨は侵入します。
目に見える雨漏りだけが雨漏りではありません!
少しずつ浸入して行く雨は屋根内部を徐々に傷めて行き、いつか住宅内部に雨漏りをもたらします。


応急処置完了
雨漏りが目に見える所で発生した時には時すでに遅し!です。

カバー工事や葺き替え工事と言った大掛かりな工事をせざるを得なくなってしまいます。
ですので劣化の具合や割れがひどくなる前に早期のメンテナンスをおススメします!

弊社が調査に伺った際に割れなどを発見すれば写真の通りで応急処置を無料でさせて頂いていますが、あくまで応急処置ですので、塗装工事や瓦の差し替え工事などのメンテナンスが必要です。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560