オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

風災被害による瓦の損傷は火災保険が適用される。


台風など風災被害により瓦が割れたり抜けたりしたというお話をよく耳にしますが、実は風災被害による瓦の損傷は火災保険が適応されます。

どういったケースが火災保険の適応対象になるかをご紹介させて頂きます。
風災被害の受けた瓦
こちらは風災被害により瓦の割れが生じた屋根です。

経年劣化による被害ではなく、台風など強風の影響で割れた場合、火災保険の適応対象となります。

経年劣化によるものか風災被害で割れたものかは鑑定人資格をもった鑑定人が判断します。
瓦の抜け
瓦が抜けた屋根です。

風災被害による被害の場合でも、現状回復するのに20万円以上の工事を必要とする場合のみ保険が適応されます。

屋根の工事は足場を必要とする場合が多いので、瓦の差し替え工事などでも20万円を超える場合が多いので、一度ご相談下さい。
100%経年劣化でない被害の場合で現状回復に20万円を要する場合、工事金額の全額が適応される場合が多いですが、19万円以下の場合は保険金は0になります。

風災被害を受けて3年間は保険申請が可能ですので、もし3年以内に風災被害を受けられた方は保険で屋根をなおせる可能性があるのでご相談して下さい。

保険を使用したからといって、等級が下がったりするなどのデメリットは特にありません。

屋根の不備は雨漏りに繋がる事も多く、雨漏りをすると徐々に建物の駆体にダメージを与えます。

長く健康な住宅である為に、屋根の不備は早めに処置をしてあげましょう。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560