オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

外壁塗装 ライン出し


塗装ライン
外壁塗装をする際お客様は仕上がりのどこを見て綺麗だと感じるのか?

その一つに綺麗な直線に「美」を感じる要素があると思います。

例えどんなに良い塗料でしっかり厚塗りをして壁を仕上げても、サッシや扉周りの塗装面との境目のラインがガタガタであったり歪んでいると、お客様には全てがマイナスに見えてしまいます。

せっかくムラなくたっぷりと塗料を塗布ししっかりとした塗膜で仕上がっていても、仕上げ作業を手を抜いてしまうだけで全てが手を抜かれているかに感じてしまうものです。

塗装に置いて仕上げ作業はとても重要です。
ライン出し作業とはどのような作業かをご覧下さい。


外壁塗装仕上げ作業 ライン出し

ライン出し1
塗装面との境目ですが、少し下地剤の白い部分が見えておりこのままでは綺麗な仕上がりとは言えません。

そこでライン出しではマスキングテープの直線を利用し、マスキングテープとの間を塗布する事で下地の白い部分も消え綺麗に直線も出せるという事です。
ライン出し2
塗装をする際には養生をしますが養生のテープが浮いてきてそこから滲んでしまう事もあり養生も完璧ではないので、仕上げ作業で細かい部分を調整する必要があります。
before1
滲み処理前
これはテープの隙間から塗料が滲んだ部分です。

細かい部分ではありますが一度目に付けば気になる部分だと思います。
horizontal
after1
滲み処理後
滲んだ部分を綺麗に処理してラインを出しました。

この細かい部分の調整が塗装の仕上がりを高めて行くポイントですね。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560