オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨漏りを放置するとどうなるの?実際にあった事例を紹介します


皆様の住宅では雨漏りの被害はありませんか。

雨漏りの修理工事は部分補修で可能な場合とそうでない場合があり、大がかりなものになれば、修理費用は高額になります。

高額が為に修理を見送られる場合や放置されている場面を見る事があります。

実際にその選択を行うと建物はどうなるのか。

そんな疑問を事例集を用いて、ご紹介させて頂きます。

雨漏り事例を見て行きましょう。

天井裏
まずは軽度のものです。

お部屋の中からは分かりませんが、天井裏に雨染みが出来ている場合があります。

雨漏りは早期発見、即補修で大きな損傷に繋がる事が阻止出来ます。

いかに軽度な状態で発見出来るかが重要です。
内装 雨漏り
天井板を吸い越すと、お部屋の天井や内装に反応が出てきます。

大雨や吹き降りの日にお部屋の中にポタポタと水滴が落ちる状態です。

この状態で発見される事が最も多いです。

ここまで進行すると、修理も大がかりになる事が多く、「屋根葺き替え」「ベランダ防水工事」を視野に入れる必要もあるでしょう。

中級程度の雨漏り事例

外部 雨漏り
建物外部のみに雨漏りの反応が出るケースもあります。

天井裏に断熱材が入っている場合、お部屋には雨漏りしていないが、外に反応が出ているというケースもあります。

これも雨漏りの症状ですので、発見次第、直ちに補修を考えた方がよいでしょう。


鉄筋コンクリート造 雨漏り
多くの場合、皆様の住宅は木造建築だと思いますが、鉄筋コンクリート造の住宅もあります。

鉄筋コンクリート造の場合は破壊が進行すると、さらに大変な補修になりますので、注意しましょう。

木造だと、骨組みが腐食して、建物を支える力を失います。

鉄筋コンクリート造ですと、中の鉄筋が錆びて膨張する事により、コンクリートの外壁などを破壊します。

重傷の雨漏り事例

雨漏り 重傷
かなり重度の雨漏り被害です。

屋根を支える垂木(たるき)という骨組み屋根下地が腐りきっています。

骨組みを継ぎ足したり、柱を入れかえたりする必要が出てきますので、修理には単純な「屋根葺き替え」以上のコストが掛かります。

ここまでくると、かなりの費用が掛かりますので、解体して再構築を視野に入れる方も出てきます。
重傷の雨漏り
何かが落ちて来たわけでもなく、機械で壊した訳でもありません。

雨水の浸入を許し続けているだけで、ここまでの破壊を招く事もあります。

こうなると、たいていの方は物件の解体を希望します。

皆様のご家族が住んでいる状態でこのような事になると大変危険です。


もし雨漏りやその可能性を発見した場合は早めに手を打って解決しましょう。

備考

重傷の雨漏りに至った住宅にお住まいの方は、まさかここまでの事になると思ってはいなかったと仰います。

皆様の住宅では雨漏りはありませんか?


もし可能性を感じられたら、専門家に屋根裏点検を依頼しましょう。

どこに相談して良いか分からない方は、街の屋根やさんにお気軽にご相談くださいませ。

点検と修理見積りは無料でさせて頂いております。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560