オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大和高田市で屋根の雨漏り部分修理をさせて頂きました。


大和高田市で雨漏りされたお客様の住宅で部分修理をさせて頂きました。

2階建てのロフト部分から雨染みを発見してお困りのところホームページを見てお電話を頂きました。

屋根の棟板金(むねばんきん)周辺と瓦の割れ、下葺材(したぶきざい)の劣化などが原因で雨漏りしていると考えられます。

最も雨漏りの可能性が高い箇所を応急処置させて頂きましたので、作業の様子をご覧下さい。

作業の様子

既存の屋根の状態
既存の屋根の状態です。

瓦の表面はコーティングが剥がれており、泥やコケが生えております。

泥やコケが生えると、表面の水分が乾きにくく瓦の劣化スピードを早めます。
瓦の割れ
瓦の劣化が進むと、やがて写真のようにひび割れを起こしてしまいます。

ひび割れを起こすと雨漏りの原因になりますので、こうなる前にメンテナンスをするのが屋根の長寿を実現するベストな対応です。
棟板金撤去
割れた瓦を差し替える為に棟板金(むねばんきん)と呼ばれる屋根の頂上の金属を撤去します。
棟板金の下地
棟板金の中には下地材が入っております。

白い紙状のものは防水紙と呼ばれていて、防水性能の高いシートで下地の角材を雨水から守っております。

抜き板の状態
防水シートを捲ると、抜き板と呼ばれる角材が出てきます。

棟板金を固定する際に抜き板に釘をうつ事で固定しております。

抜き板が腐食すると、棟板金の固定力がなくなり雨漏りの原因に繋がります。

抜き板撤去
カラーベストと呼ばれる瓦を使用しておりますが、こちらの瓦は釘で固定されております。

差し替える為には釘を抜いて瓦を抜く必要があります。
ルーフィング損傷部
瓦を撤去すると下葺材(したぶきざい)と呼ばれる瓦の下地が見えます。

瓦の下地には防水紙が使用されておりますが、防水紙に損傷が見られました。

防水紙の損傷は雨漏りに繋がりますので、すぐに解決する必要があります。

コーキング
コーキングを使用して応急処置をします。

しかしコーキングの耐久性が短く、屋根に使用した場合数年程度の寿命です。

またルーフィングも寿命だと考えられますので、損傷が一か所の可能性は低いです。

近年中に屋根の工事をする必要があります。
瓦差し替え
同じ製品の瓦を一枚加工してひび割れた瓦と差し替えました。

同じように抜き板を打ちこみ、防水紙を貼り、棟板金を固定します。

関節部コーキング処理
最後に関節部分をコーキングで処理します。

これで応急処置は完了になります。

以上が屋根の応急処置の作業内容です。

一時的に雨漏りが収まった事でお客様に少しは安心して頂けました。

築年数や今後の住む予定年数や予算など、お客様にはそれぞれの事情と悩みがありますので一緒に解決するまでサポートさせて頂きたいと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_7115

私どもは屋根のリフォームの際、大きく分けると以下の3種類をご提案させていただいております。・再塗装・葺き替え・カバー工法ご紹介する施主様宅では、台風により棟板金が一部飛んでいってしまった状態でしたので葺き替えをご提案させていただいたのですが...........

IMG_7843-1

奈良県橿原市にて「雨樋」の交換工事をさせていただきました。「雨樋」とは、雨が降ったときに屋根からの雨水を集め、地面にまできちんと流したり、水の侵入により建物へのダメージを防ぐ大切な役割があります。後ほど「雨樋」についても少しお話したいと思い...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560