オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大和高田市で屋根の瓦がずれてお困りの住宅に訪問しました。


大和高田市で屋根の瓦がずれてお困りの住宅に訪問しました。

施主様は近隣の方よりご指摘を受けて瓦のズレを不安視されておりました。

屋根の状態を調査させて頂き、瓦のずれた経緯を説明させて頂きました。

取り急ぎ応急処置をして、対処を考えたいと言われておりましたので、応急処置をさせて頂きました。

調査の内容と応急処置の様子をご紹介させて頂きますので、ご覧下さい。
屋根の状態
屋根の状態です。

綺麗なブラウンの釉薬瓦で施工された屋根です。

30年ほど前に建築したようですが、風災被害で反面のみ20年ほど前に葺きかえられたようです。
瓦の様子
瓦は何度か差し替えを行われたようで、瓦の劣化に波が見られました。

色あせはありますが、割れなどの症状は見られず、瓦自体はまだ健康な状態でした。

瓦のズレ
問題の瓦のズレ部分です。

近隣の方が発見されたようです。

瓦のズレを放置しておくと雨漏りの原因になります。

直ちに応急処置をする必要と原因部分を解決する必要があります。
瓦のズレ
問題箇所の棟には「旧工法」「ガイドライン工法」という施工方法があります。

旧工法は阪神淡路大震災前にされていた施工方法でガイドライン工法は震災後の工法です。

耐震性が強化される前の旧工法では、棟部分の瓦がズレやすくなっております。

ガイドライン工法の棟に積み替えを行うのがベストな対応と言えるでしょう。
葺き土の様子
瓦の中の下地を確認させて頂きました。

瓦の中には葺き土と呼ばれる土が入っております。

雨水の侵入や湿気などにより葺き土が減っている場合もありますが、今回の屋根は瓦の中の葺き土は十分にありました。
下葺材の状態
下葺材の状態を確認させて頂きました。

葺き土の下に敷かれているシート状のものが下葺材ですが、下葺材はかなり劣化しており、穴があく恐れがあります。

下葺材が破れると雨漏りを引き起こす可能性が一気にあがります。
応急処置の様子
応急処置の様子です。

コーキングという材料を使用して瓦を密着させます。

コーキングは数年程度は密着力がありますが、耐久性は高くないです。
応急処置
あくまで応急処置ですので、今後の対策と原因部分の解決をするようにお客様とお話させて頂きます。

備考

以上が調査と応急処置の様子です。

お客様とお話させて頂いたところ、屋根の葺き替え工事と棟の取り直し工事の2パターンの見積もりが欲しいと言われていたので、作成して後日、金額的な事も踏まえてお話をさせて頂く事になりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_7115

私どもは屋根のリフォームの際、大きく分けると以下の3種類をご提案させていただいております。・再塗装・葺き替え・カバー工法ご紹介する施主様宅では、台風により棟板金が一部飛んでいってしまった状態でしたので葺き替えをご提案させていただいたのですが...........

IMG_7843-1

奈良県橿原市にて「雨樋」の交換工事をさせていただきました。「雨樋」とは、雨が降ったときに屋根からの雨水を集め、地面にまできちんと流したり、水の侵入により建物へのダメージを防ぐ大切な役割があります。後ほど「雨樋」についても少しお話したいと思い...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560