オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大和高田市で瓦が割れた住宅の現場調査に伺いました。


大和高田市で瓦が割れた住宅に現場調査に伺いました。

既存の瓦はスレート瓦で数枚割れて欠け落ちており、雨漏りの可能性を感じたお客様よりご相談を頂きました。

調査の結果と修理にあたってどのような選択肢があるかをお伝えさせて頂きました。

調査と提案の内容をご紹介させて頂きますので、ご覧下さい。
欠け落ちていた瓦
お客様が悩まれるきっかけになった欠け落ちた瓦です。

屋根に登れないので、屋根がどのような状態になっているかを知りたいと言われておりました。

さっそく屋根の登って調査をさせて頂きます。
スレート屋根
築15年ほどの住宅でセメントで出来たスレート瓦を使用した屋根です。

汚れはありますが、瓦の下に施工してある下葺材の寿命が20年はありますので、瓦が損傷していたとしても雨漏りの可能性は低いです。
瓦の欠け
瓦の欠けた部分です。

数枚の瓦が欠けていましたが、劣化によるものと考えられます。

スレート瓦は10年に一度程のペースで塗装によるコーティングを行う事で長持ちさせる事が出来ます。

セメントが原材料ですので、雨水の浸透には比較的弱いと言えます。
瓦のひび割れ
欠けてなくてもひび割れを起こしている瓦などもありました。

応急的に新たな瓦を損傷部分だけ差し替える方法もありますが、既存の瓦は製造中止になった瓦で入手困難になります。

欠けた部分を接着して塗装する、もしくは葺き替えなど別の工事を行う事で解決する必要がありそうです。
棟の状態
棟板金(むねばんきん)と呼ばれる屋根の頂上に施工されている板金部分です。

劣化や風害の受けやすい棟板金ですが、こちらは釘の抜けなどもなく健康と言えるでしょう。
谷板金
同じく劣化しやすく、雨漏りの原因になりやすい谷板金ですが、こちらも錆や穴あきなどなく、健康な状態と言えるでしょう。
以上が調査の結果です。

このような屋根の場合、雨漏りしている可能性は低いですが、近年中の雨漏りや瓦の風災被害に会う可能性が考えられます。

屋根工事により解決するタイミングを考える必要があるでしょう。

割れた瓦の破片を集める事が可能であれば、欠けた瓦を接着して塗装を行うのが経済的です。

しかし、割れた破片を集める事が不可能な場合、屋根カバー工事を行うのがベストと言えるでしょう。

※屋根カバー工事とは屋根の上に新たな屋根材を施工する方法


今回の場合、応急処置や部分補修で解決するのが難しく、どちらかの方法で施工するのがベストだとお客様にお伝えさせて頂きました。

各見積り金額を見て、お客様とご一緒に考えて結論を出して行きたいと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_6948

今回は奈良県奈良市にて、以前から気にされておられたモルタル外壁のひび割れを救うべく、外壁の塗替えをさせていただきました。その模様をご紹介させていただきます。外壁の塗り替えは、風雨や紫外線などから建物を守る効果があります。外壁はメンテナンスを...........

IMG_5370

今回は奈良県奈良市にて和瓦から『ROOGA 雅』という屋根材を使用した葺き替え工事の模様をご紹介させていただきたいと思います。後ほどこの『ROOGA 雅』についてもお話させていただきます。本当に良い屋根材なんです。私個人では一押しですケイミ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560