オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大和高田市で片流れ屋根の頂上、棟板金交換工事を施工しました。


大和高田市で片流れ屋根の棟板金(むねばんきん)交換工事を施工しました。

既存の棟板金(むねばんきん)は劣化でズレており、放置しておくと強風で飛ばされる恐れがあった為、新たに丈夫に新設させて頂きました。

作業の様子をご紹介させて頂きますので、ご覧下さい。
片流れ屋根 棟板金
既存の棟板金の様子です。

塗装中の塗装職人さんがこの違和感に気づき、報告してくれました。

さっそくお客様にお伝えさせて頂いたところ、足場がある内に解決して欲しいとのご希望を頂きましたので、新設させて頂く事になりました。
棟板金撤去
まずは既存の棟板金を撤去し処分します。

棟板金の中には下地木材が入っておりますが、木材も劣化する為、こちらも同様に処分します。
防水紙
新たに下地木材を新設して、防水性の高いシートを被せます。

シートを被せる事によって、下地木材の腐食を遅らせ、更なる耐久性と固定力を発揮します。
棟板金新設
板金職人が加工した棟板金をビスで下地木材に打ち込んで固定します。

写真のイケメン板金職人が施工を行っておりますが、サービス精神旺盛で全国の板金加工の大会で入賞した事もある腕の良い職人です。

ビスを多めに打ち込んだり、下地木材にシートを被せるのもより強く長持ちする施工に重きを置くからだそうです。

その志に私も感化され、現在も一緒にお仕事させてもらっています。
棟板金新設
完成した片流れ用の棟板金です。

片流れの屋根は雨漏りしにくい反面、棟板金に強風の影響を受けやすい形状になっております。

棟が飛ばされているのも良く見ますので、片流れの棟は強い固定力と耐久力を必要とします。


棟は雨漏りの原因になりやすく、破損しやすい部分です。

飛ばされると人や車に当たるとかなり危険な大きさと重さです。

皆様の住宅も細目に屋根の点検を行い、棟の状態を確認しましょう。


点検、調査は無料ですので、検討されている方は最寄りの【街の屋根やさん】までお気軽にご連絡下さいませ。

スタッフ一同、地域の方々からのご連絡をお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560