オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大和郡山市で築40年以上の屋根の応急処置をさせて頂きました。


大和郡山市で築40年以上の屋根の応急処置をさせて頂きました。

既存の屋根はトタン屋根で経年劣化がひどく劣化しておりました。

強風時には屋根がパタパタとめくれ上がる状態で、台風を見越して応急処置をしてほしいと言われておりました。

即日、応急処置をさせて頂きましたので、作業の様子をご紹介させて頂きます。
既存の屋根の状態
既存の屋根の状態です。

茅葺き(かやぶき)屋根と呼ばれるワラで出来た屋根の形が面影となっております。

かなり長い年数、頑張っている住宅だと思いました。
軒天井の雨染み
軒天井には雨染みがあり、雨漏りの原因になっているような箇所は無数にありました。
瓦と雨樋の状態
雨樋(あまどい)は錆びて、かなりのダメージを受けておりました。

傾いていて排水もうまくいっているとは言えない状態でした。
下り棟の劣化
下り棟(くだりむね)と呼ばれる屋根の役物の状態です。

軒先の瓦が一枚落ちていてありません。

雨漏りの原因になる箇所の一つです。
問題箇所
問題のトタン屋根の部分です。

一番左側のトタンが縦に一列浮いております。

確認すると釘が抜けており、固定されていない箇所が多々ありました。

確かにこの状態ですと、近日中の強風時に屋根は飛んでいくでしょう。
トタン屋根応急処置
釘が弱いところを打ち直し、その周りにビスを打ち込む事で固定の強度を強くしました。

これで台風時に屋根が飛んで行く事はないでしょう。

しかし屋根材は寿命を迎えておりますので、屋根材に穴があくのも時間の問題です。
他の瓦部分
他の屋根部分も崩れかけている部分がありました。

瓦はズレて軒先の骨組みが瓦の重みと劣化により折れて、軒先が全体的に沈んでいます。
瓦屋根の損傷
瓦屋根の方も寿命を迎えていると言っても良いでしょう。

屋根を下地から葺きかえる必要があります。

備考

以上が現場調査と応急処置の内容です。

屋根からの雨漏りにより骨組み部分を腐食させている可能性が限りなく高い状態です。

屋根を下地から軽い屋根に葺きかえれば、取り急ぎは解決出来ますが、骨組みや外壁も限界が近づいています。

安全上の為、強い地震が来る前にリフォームをするか、新しいお住まいに転居するかを提案させて頂きました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_7115

私どもは屋根のリフォームの際、大きく分けると以下の3種類をご提案させていただいております。・再塗装・葺き替え・カバー工法ご紹介する施主様宅では、台風により棟板金が一部飛んでいってしまった状態でしたので葺き替えをご提案させていただいたのですが...........

IMG_7843-1

奈良県橿原市にて「雨樋」の交換工事をさせていただきました。「雨樋」とは、雨が降ったときに屋根からの雨水を集め、地面にまできちんと流したり、水の侵入により建物へのダメージを防ぐ大切な役割があります。後ほど「雨樋」についても少しお話したいと思い...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560