オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

天理市で雨漏りした陸屋根の現場調査に伺わせて頂きました。


天理市で雨漏りした陸屋根の現場調査に伺わせて頂きました。

既存の防水はアスファルト防水で複数箇所から雨漏りしていたので、塩ビ防水の機械的固定工法を施工する事を提案させて頂きました。

調査の内容をご覧下さい。
お部屋の雨染み
天井の雨染みです。

範囲や色からみてもかなりの量の雨水が浸入しております。

建物の駆体や内装を守る為に早急に処理させて頂きたいと思います。
既存の大屋根
大屋根(おおやね)と呼ばれる建物の一番高い部分にある屋根の状態です。

既存の防水はゴムシート防水で10年程前に大屋根のみ防水工事をしたようです。

雨水が溜まっている箇所は気になりますが、シート自体は健康でした。
ドレン部分
大屋根のドレン部分です。

ドレンのストレーナーがない状態でした。

さらにドレン部分とシートの繋ぎ目の接着が甘く、雨水の浸入を許してしまう可能性があります

コーキングとトップコートにより処理させて頂き、新たにストレーナーを装着させて頂く予定です。
既存の防水
下屋根(げやね)と呼ばれる大屋根より低い部分の屋根の状態です。

既存の防水はアスファルト防水です。

施工してから30年以上頑張ってくれているようですが、限界が近づいています。

表面のアスファルト層が捲れ、白くなっている部分を多々発見しました。
ドレン部分
ドレンも錆びておりますので、改修ドレン工事を行い新たなドレンとストレーナーに生まれ変わります。


今回のケースですと複数ヶ所からの雨漏りが考えられる為、雨漏りを止める為には既存の防水の上から新たなシートを貼る必要があります。

既存の下地がアスファルトで塗料の密着が弱いので、塗料や接着剤などを使用しないで防水が出来る塩ビ防水機械的固定方法という工事を施工させて頂きます。

大屋根に限っては10年前に施工したシートが健康ですので、シルバートップという表面のコーティングのみ施工させて頂く予定です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560