オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高取町で現場調査と棟板金の応急処置をさせて頂きました。


高取町で現場調査と棟板金(むねばんきん)の応急処置をさせて頂きました。

既存の棟板金は風で飛ばされており、お客様が飛んだ棟板金を管理なされていたので、応急処置で留めさせて頂きました。

応急処置で飛んだ部分からの雨漏りの心配はなくなり安心して頂きましたので、今後の対応をお客様と一緒に考えて行きます。

現場調査と応急処置の様子をご覧下さい。
飛んだ棟板金の様子
被害箇所の様子です。

棟板金が飛んで、中の角材がむき出しになっております。

雨漏りの原因になりますので、取り急ぎ応急処置をさせて頂きます。
ビスで留める
応急的にビスを打ち込んで棟板金を固定させて頂きました。

応急処置後の棟板金
応急処置後の棟板金です。

これでこの場所からの雨水の侵入はしばらく防げるでしょう。
既存の屋根の状態
既存の屋根はスレートのカラーベストという瓦を使用した屋根です。

10年に一度ほどの頻度で塗装をする事で機能性を維持する瓦です。

住宅の築は30年ほどで塗装工事をしたのは一度だけと仰られていました。

塗装によるコーティングが剥がれ、屋根工事を考えるタイミングとしては良い時期だと言えるでしょう
瓦のずれ
瓦のズレがありました。

カラーベストは専用の釘で留まっており、釘部分は瓦の被さりで隠れております。

瓦のズレが起こる原因は瓦が中で割れていて釘による固定力がなくなっているからです。

瓦が落ちる可能性がありますので、屋根工事の際に処理させて頂きます。

下屋根の様子
下屋根の様子です。

下屋根は北面にあり、コケが目立っておりました。

表面にコケが生えると、雨水が乾きにくくなり瓦の劣化スピードをさらに早めます。
以上が現場調査と応急処置の様子です。

今後の屋根工事の選択肢としては屋根の葺き替え、屋根カバー工事、屋根塗装の3つの選択肢がある事とそれぞれのメリットなどのお話をさせて頂き、時期等や工事内容、費用などお客様のご希望を聞きながらお話を進めて行きます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_7115

私どもは屋根のリフォームの際、大きく分けると以下の3種類をご提案させていただいております。・再塗装・葺き替え・カバー工法ご紹介する施主様宅では、台風により棟板金が一部飛んでいってしまった状態でしたので葺き替えをご提案させていただいたのですが...........

IMG_7843-1

奈良県橿原市にて「雨樋」の交換工事をさせていただきました。「雨樋」とは、雨が降ったときに屋根からの雨水を集め、地面にまできちんと流したり、水の侵入により建物へのダメージを防ぐ大切な役割があります。後ほど「雨樋」についても少しお話したいと思い...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560