オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

奈良市で雨漏りしている物件の応急処置をさせて頂きました。


奈良市で雨漏りしている物件の応急処置をさせて頂きました。

先日に調査に伺いまして、雨漏りの疑いがかかる箇所を数カ所特定しました。

お客様は応急処置をして、今後の状況を見守りながら処理の内容を考えられるという選択をなされました。

応急処置の様子をご覧ください。
応急処置
屋根の板金部分の応急処置です。

看板と板金の間に隙間があり、以前に隙間を施主様がコーキングで埋められておりました。

雨漏りの応急処置をしたようですが、コーキングが劣化し密着しておりませんでした。

新しいコーキングに打ち換える応急処置をしました。
ひび割れ部応急処置
外壁ひび割れ部分です。

外壁のひび割れから雨漏りする可能性もあります。

大きなひび割れはコーキングで応急処置をさせて頂きました。
換気扇の廻り部分応急処置
換気扇フードの周りには隙間が空いており、換気扇のちょうど裏側で雨漏りしております。

当然疑いがかかる場所ですので、コーキングにより処理させて頂きました。
外観写真
物件の外観部分ですが、銀色の煙突があります。 雨漏りカ所に近く、テントとの絡みが複雑で雨漏りの原因である可能性が最も高い箇所です。
テントの隙間
しかし、隙間が狭くコーキングによる応急処置が出来ませんでした。 テントを取り外し、施工して復旧させる必要があります。
応急処置不可能部位
テントの真下の煙突の付け根部分の様子です。

上がテントになっていますが、テントの付け根の雨仕舞が出来ていない場合、テント内部に雨水が侵入します。

煙突の付け根に手を入れて確認すると、外壁に穴があいておりました。

最も大きな雨漏りの原因と考えられそうですが、隙間が狭く応急処置が難しそうです。

備考

以上が応急処置の様子です。

テントの周辺以外は全て処理させて頂きましたので、次回雨天時に雨漏りを起こせば原因はテント周辺で確定になります。

その場合、テントを取り付けた業者さんに脱着作業を行って頂き、原因箇所を修理するお話になりました。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_7115

私どもは屋根のリフォームの際、大きく分けると以下の3種類をご提案させていただいております。・再塗装・葺き替え・カバー工法ご紹介する施主様宅では、台風により棟板金が一部飛んでいってしまった状態でしたので葺き替えをご提案させていただいたのですが...........

IMG_7843-1

奈良県橿原市にて「雨樋」の交換工事をさせていただきました。「雨樋」とは、雨が降ったときに屋根からの雨水を集め、地面にまできちんと流したり、水の侵入により建物へのダメージを防ぐ大切な役割があります。後ほど「雨樋」についても少しお話したいと思い...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560