オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

奈良市あやめ池で塀の補修塗装をさせて頂きました。


現在、奈良市あやめ池で塀の補修塗装をさせて頂きました。

既存の塀は塗装して2,3年の塀ですが、膨れや捲れなどが目立っておりました。

問題部分を削って柄を付けて補修塗装をさせて頂きましたので、工事の様子をご覧下さい。

作業の様子

塗装職人さん
塗装職人さんが養生(ようじょう)作業をしている様子です。

養生とは汚れてはいけない箇所に塗料が飛散しないようにビニールとテープを使用して保護する作業になります。

養生の様子
外壁を捲った後のゴミなども出ますので、家の近辺を汚してしまわないように広く念入りに養生します。

膨れケレン
膨れている部分を専用の刃物のような道具で削りおとして行きます。

中からの水分が塗料の押し上げて膨れていますので、中の水分を抜いて下地調整をする事によって塗料を密着させる事が出来ます。

マスチック柄
下地調整材を塗りつけて行きます。

刷毛や指を使用して既存の柄と同じような柄を付けて行きます。

柄を付けずに塗料を塗布しますと、削った部分に違和感のある仕上がりになってしまいます。
外壁補修
下地調整材で柄を付けて2~3時間乾燥させます。
ローラー塗装
既存の色と同じ色の塗料でローラーを使用して仕上げ塗料を塗布して行きます。


仕上った外壁
仕上がった塀の様子です。

膨れている部分や柄をつけた部分に違和感を残さず職人さんが仕上げてくれます。

塗料の塗りたてはムラのあるような仕上がりに見えますが、仕上げ塗料が乾燥するとムラはなくなります。

塗装職人さん
最後の確認作業になります。

配慮のある職人さんは掃除作業を怠りません。

家の周りや汚した箇所がないかを念入りに確認して工事完了になります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560