オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

生駒郡三郷町で屋根メンテナンスをさせて頂きました。


生駒郡三郷町で現場ブログを拝見した方より、屋根メンテナンスのご依頼を頂きました。

築30年以上経過する住宅ですので、「屋根」「外壁」などのメンテナンスをして、住宅が長持ちする提案を頂きたいと言われておりました。

隅々まで住宅を調査して現状の状態と、建物の為の提案をさせて頂きましたので、詳細をご紹介させて頂きます。

屋根の調査

瓦屋根
屋根は和瓦の屋根でした。

和瓦の屋根メンテナンスでは、主に「漆喰」「瓦のゆがみ」「間接」「棟(むね)」などを念入りに見ていきます。
ズレた瓦
屋根の面と面の谷部分には、谷板金(たにばんきん)と呼ばれる金属の部材があります。

谷板金からの雨漏りは事例が多く、念入りにチェックする必要がある箇所です。

「錆(さび)」や「漆喰の剥離(はくり)」があれば要注意です。

今回はその両方の症状が見られてので、近年中の谷板金入れ替えを推奨します。
瓦のひずみ
和瓦は年数が経つと、ズレが起こる事があります。

「建物のゆがみ」「屋根下地の腐食」「葺き土(ふきど)の減少」など、様々な原因が考えられますが、どれにしても雨漏りの原因になりえます

補修方法は数パターンありますが、各住宅によって適切な補修方法は違います。

ズレが見られた時点で専門家に相談するのが望ましいでしょう。

板金のサビ
谷板金の錆です。

不自然に錆びている部分は、「雨水の通り道になる箇所」もしくは「アンテナ等の錆のもらい錆」だと考えられます。

谷板金が錆びると次第に、穴あきを引き起こします。

穴あきは雨漏りに直結します。

穴が開く前の発見であれば、錆止め塗装等でも簡単に穴あきを予防出来ます

早期発見、早期解決が経済的に屋根を長持ちさせる唯一の方法で、屋根メンテナンスの鉄則です。
漆喰の剥がれ
漆喰の剥がれも箇所によって、劣化スピードが異なりました。

台風は南からの風が多く、北面は日当たりが悪いなど、各面で屋根の環境は異なります。

外壁にも同じ事が言えますが、全ての面の全ての箇所を確認してから最終的な判断を下します。
谷漆喰の剥がれ
剥がれた漆喰の塊が谷板金へ落ちていました。

谷板金と瓦の間に詰めている漆喰が剥がれた事によるものです。

屋根の構造によっては、これだけで雨漏りを引き起こします

現在では、谷板金と瓦の間に漆喰を詰めるのは誤った施工方法として扱われております
屋根をくまなくチェックしたところ、決して良いとは言えない状態でした。

現在は雨漏りを起こしていませんが、いつ雨漏りしてもおかしくない状態ですので、雨漏りの予防になる「漆喰詰め直し工事」が必須だとお話させて頂きました。

もちろん予算に余裕があれば、「屋根葺き替え」がベストですが、最低でも漆喰の工事は必要です。

今、漆喰工事を行わずに数年後に雨漏りした場合は、屋根を葺き替えないと修理出来ない状態に陥ってしまいます


私の推測を説明させて頂き、あとのご判断はお客様がお考えになられて決断を下されます。



続いて外壁の状態を見ていきます。

外壁の調査

モルタル外壁
外壁の状態です。

モルタルで作られた外壁で、一般的な外壁と言える外壁です。
ムラのある外壁
10数年前に塗装を一度は行っておりますが、塗装の膜が薄くなっております。

モルタルとはセメントですので、塗装のコーティングがなくなると、雨水を吸い込み劣化スピードを急速に早めます。

水を弾かないようになったら、塗装を行うのが建物にとって一番ベストな対応です。
チョーキングした外壁
手で触ると粉末状の汚れが付着します。

これを「チョーキング現象」といいますが、外壁にとって良くない症状です。

簡易的にはチョーキングが現れたら塗り替え時と、言われております。
目地細いクラック
塗装を近くで見ると、無数の※ピンホールがあります。

目地部分には薄いひび割れが入っております。

どちらも雨水を浸透させる原因になるものですので、見つけたら専門家に相談しましょう。



※ピンホールとは、針のように小さい穴
外壁はすぐにしないと、破壊が起こると言った状態ではありません。

比較的健康ではありますが、外壁塗装を行う計画を立てて行くべき状態です。

数年後には外壁塗装をして安心して頂くのが、お客様とお客様の住宅にとって一番ベストな判断だと言えます。


以上が調査の内容です。


調査を報告する際、弊社では「見積り書」と「調査報告書」という資料を無料で作成しております。

住宅の不安要素を書類にまとめさせて頂き、今後の計画の判断材料にして頂く為の書類です。


メンテナンスをご依頼頂いた際は、これらのサービスでお客様が最良の選択をするサポートをさせて頂きます。


もし住宅の事でお悩みの方、メンテナンスをご希望される方がいらっしゃいましたら、お気軽に街の屋根やさんまでお問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良市で波板補修をポリカーボネートで行いました

破損した波板
波板完成
工事内容
その他の工事
使用素材
タキロン ポリカボネート
築年数
37年
建坪
保証
3年保証
工事費用
6万円
施工事例

大和高田市で雨樋(あまどい)と波板交換をさせて頂きました。

テラス屋根
完工写真
工事内容
雨樋交換
その他の工事
使用素材
ポリカ波板   アイアン丸
築年数
35年
建坪
保証
工事費用
98000円
施工事例

藤井寺市で雨樋補修と波板補修工事を施工させて頂きました。

雨樋破損
雨樋塗装
工事内容
雨樋交換
その他の工事
使用素材
ポリカ製フック ファインウレタン
築年数
約30年
建坪
部分補修
保証
なし
工事費用
4.5万円

同じ地域の施工事例

施工事例

三郷町で駐車場の屋根の波板をポリカ製へ交換しました

波板修理跡
波板 ブロンズマット
工事内容
屋根補修工事
使用素材
タキロン ポリカ波板 ブロンズマット
築年数
30年
建坪
20㎡
保証
工事費用
8万円
施工事例

三郷町で塀の塗装工事を施工致しました。

上塗り
完了
工事内容
部分塗装
使用素材
アートフレッシュ
築年数
18年
建坪
20平米
保証
5年
工事費用
3.5万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

穴あいた波板

生駒郡三郷町で駐車場の波板交換をさせて頂きました。駐車場の波板が破損しており、お客様は大事にされている車が、雨ざらしになっている事を気になされておりました。屋根材である波板を交換する事でお客様の悩みを解決させて頂きましたので、作業の様子をご...........

真っ暗な天井裏

大和郡山市で天井裏に生物の気配がすると、悩まれている方からお問い合わせを頂きました。夜になるとカサカサと天井裏より音がする、ネズミ等の生物がいるのではないかとお客様は不安に思われておりました。お客様の不安を取り除くため、天井裏と外部からの生...........

波板撤去

大和高田市でテラス屋根の波板を交換させて頂きました。お客様より劣化した波板の交換の見積りをご依頼頂きましたので、見積りさせて頂きました。信頼して頂き、工事をおまかせ頂く事になりました。作業の様子をご紹介させて頂きますので、ご覧下さい。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560