河合町で屋根の漆喰詰め直しと波板交換をさせて頂きました。


河合町で屋根の漆喰詰め直しと波板交換をさせて頂きました。

お客様は屋根の鬼瓦がとれているのに不安を感じられ、お問い合わせをなされました。

応急処置で鬼瓦を撤去した部分を漆喰で保護させて頂きました。

波板や屋根の漆喰のメンテナンスをついでにしてほしいという事で工事をさせて頂く事になりました。

作業の様子をご紹介させて頂きますので、ご覧下さい。
漆喰の撤去
劣化した漆喰の撤去を行います。 専用のハンマーの裏面がとがっておりますので、叩き割って撤去していきます。
面土の漆喰撤去
漆喰は撤去せずに増し塗りすると、すぐに剥がれてしまう上に、厚みをつけすぎると雨漏りの原因になります。

手間をおしまず、全て撤去して薄塗りで仕上げるのがベストです。


漆喰の詰め替え
鶴首(つるくび)という専用の小さいコテを使用して漆喰を塗って行きます。



漆喰の詰め替え
シリコン入りの水シャットという漆喰で仕上げました。

シリコンは水をはじく効果があるので、耐水性の強い漆喰です。
テラス屋根骨組み
次に波板を交換します。

骨組みの塗装もご依頼頂きましたので、鉄部、木部専用塗料で塗装します。
ポリカ波板交換
塗装した骨組みにポリカ製の波板を固定します。

木材の骨組みですので、波板専用の「傘釘」という釘を打ち込み固定します。
駐車場屋根 ポリカ
駐車場の屋根の様子です。

こちらもテラス屋根と同様に既存の波板を撤去してポリカ製の波板で新設しました。

ポリカ波板は曲げても割れず、融通が利きます。

10尺の波板を骨組みに固定します。

U字のフックのような固定金具を使用して施工しました。
以上で工事は終了です。

漆喰や波板のご依頼は多く頂きますので、お悩みになられている方も多いと思います。

もし悩んでいるけど、どこに相談したら良いか分からないという方がいらっしゃましたら「街のやねやさん」までお気軽にお問い合わせ下さい。

点検、提案、見積もりまでは無料でさせて頂きます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦撤去後の屋根下地

広陵町で屋根葺き替え工事をしております。前回に屋根瓦を撤去しましたので、今回は屋根下地に下葺材(したぶきざい)を貼っていく作業になります。ルーフィングや防水紙(ぼうすいし)と呼ばれる下葺材を使用して作業を行います。

瓦揚げ機

北葛城郡広陵町で屋根葺き替え工事を着工しております。既存の屋根は重厚感のある和瓦で、経年劣化を気になされたお客様は屋根葺き替えをご決断なされました。今回を機に耐震性の高い、軽量瓦「ROOGA 鉄平」に変貌を遂げます。前回に仮設足場組み立てを...........

くさび型足場

広陵町で中古物件を購入なされたお客様より、屋根葺き替え工事のご依頼を頂きました。和瓦の屋根で経年劣化による傷みが複数箇所見られましたので、お客様は屋根リフォームをご決断なされました。軽量で高級瓦の「ROOGA(ルーガ)鉄平」を使用しての屋根...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560