オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

葛城市で棟板金が飛んでお困りの方よりお問い合わせを頂きました


葛城市で棟板金(むねばんきん)が飛んでお困りの方の住宅へ現場調査に伺いました。

屋根の棟板金は風の力で剥がされており、下地木材がむき出しの状態になっておりました。

応急処置をさせて頂き、火災保険を適応した補修工事を提案させて頂きました。

調査の様子をご紹介させて頂きますので、ご覧下さい。
落ちた棟板金
落ちた棟板金です。

敷地内に落ちた棟板金を見つけてお客様は屋根の状態を不安視されました。

落ちた棟板金がきっかけで台風による被害を受けているのではないかと疑ったようです。
はしごをかけて屋根に登る
はしごをかけて屋根の状態を確認してまいります。
既存の屋根の状態
屋根の状態を確認すると、棟板金が剥がされており、下地木材がむき出しになっております。

棟板金は下地木材に釘を打つことで固定されております。

下地木材が湿気や雨水の侵入で腐食し、釘が抜けて固定力を失ったところに台風が来て棟板金を剥がしたと考えられます。
むき出しの下地木材
棟板金の損傷は放置しておくと雨漏りの原因になります。

早めの処置を勧めさせて頂きました。
棟板金応急処置
飛んだ棟板金を使用して、応急処置をさせて頂きました。

棟板金を角材のビスで打ち込み固定しました。
棟板金応急処置
足りない部分をテープで保護させて頂きました。

テープでは耐久性が不十分で緊急性が高い工事になりますので、優先的に職人を手配させて頂くお話をさせて頂きました。
以上が調査の内容になります。

お客様に調査の報告をして、相談に乗らせて頂いた結果、火災保険の申請と工事の手配を同時進行で進めさせて頂く事になりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_7115

私どもは屋根のリフォームの際、大きく分けると以下の3種類をご提案させていただいております。・再塗装・葺き替え・カバー工法ご紹介する施主様宅では、台風により棟板金が一部飛んでいってしまった状態でしたので葺き替えをご提案させていただいたのですが...........

IMG_7843-1

奈良県橿原市にて「雨樋」の交換工事をさせていただきました。「雨樋」とは、雨が降ったときに屋根からの雨水を集め、地面にまできちんと流したり、水の侵入により建物へのダメージを防ぐ大切な役割があります。後ほど「雨樋」についても少しお話したいと思い...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560